サイト内
ウェブ

広島県の婚活事業が映画化「こいのわ婚活クルージング」 今秋、全国公開へ

  • 2017年5月19日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 広島県が少子化対策の一環として取り組む婚活事業「こいのわプロジェクト」からインスパイアされた婚活映画「こいのわ婚活クルージング」が11月11日、広島で先行上映される。(広島経済新聞)

 同プロジェクトは結婚したいと思っている若者らを対象に、出会いの場となる交流イベントやセミナーなどの「おせっかい」を支援団体とともに行い、結婚に対する前向きな機運を作りだそうと2015年6月から実施している。

 広島県によると、県内における未婚男女は約16万人といい、広島市と廿日市市では女性の割合が高く、他のエリアでは男性の割合が高いことから、同プロジェクトではエリアを超えたマッチングの提案も行っている。

 同作は65歳バツイチの富豪男性と恋や仕事に悩むアラサー女性が婚活イベントを通じて出会うラブコメディーで晩婚やシングルマザー、トランスジェンダー、後妻業など、それぞれに事情を抱えた男女の出会いを描く。

 風間杜夫さん、片瀬那奈さんによるW主演で、現在独身の片瀬さんが等身大で婚活女子を演じた。監督は映画「デスノート」「ガメラ3」などの作品を手掛けた金子修介さん。昨年10月にオール広島ロケで撮影を行った。

 このほか八嶋智人さん、白石美帆さん、町田啓太さん(劇団EXILE)、元広島カープの山本浩二さんらも出演する。

キーワードからさがす

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.