サイト内
ウェブ


弘前で「パンフェスタ」、16店が集結 野辺地のソウルフードや「あおパン」も

  • 2019年2月12日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 弘前駅前の複合施設「ヒロロ」(弘前市駅前)3階「ヒロロスクエア」イベントスペースで2月16日、「パンフェスタ2019」が開催される。主催は「ヒロロスクエア賑(にぎ)わい創出委員会」。(弘前経済新聞)

 市内外のパン店が過去最大となる16店集まる、年に一度のイベント。アクセサリー製作体験やハンドメイド品を販売するママサークルイベント「ママフェスタ」と同時開催する。

 今回の初出店は3店。パン工房「PANADERIA M」(樹木)、野辺地のソウルフードとも呼ばれる「油パン」を提供する「パン工房ビリオン」(上北郡野辺地町前田)、青森駅前公園近くにある「三ツ星製パン」(青森市新町)。三ツ星製パンは県産素材にこだわる食パン「あおパン」を販売し、青森市外でのイベント出店は初となる。

 同委員会の担当者は「パン食べ比べプレートセットを数量限定で前売り販売したところ、すでに完売するなど、毎年盛況で今年も人気の高さが伺える」と話す。

 「ヒロロの駐車台数に限りがあるので、公共交通機関の利用や弘前駅中央口駐車場や城東口駐車場などの周辺駐車場をご活用いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~14時。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.