サイト内
ウェブ

枚方で日本画家・小林礼奈さん個展 伝統技法使い「等身大の自分」表現

  • 2017年11月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「Note Gallery(ノートギャラリー)」(枚方市堤町)で現在、枚方市出身の日本画家・小林礼奈さんの個展「お伝えしたいことがあります…」が開催されている。(枚方経済新聞)

 小林礼奈さんの作品(関連画像)

 小林さんは京都嵯峨芸術大学短期大学部日本画科を卒業後、海外のアートフェアを中心に作品を発表している。

 同展では、箔(はく)の上に色彩する日本画の伝統技法で、今を生きる小林さんの「等身大の自分」を表現した作品などを並べる。

 同ギャラリーの上田真由美さんは「小林さんの今どきの感性と伝統技法の融合が作品の見どころ。今回の個展は全て最新作で、とてもユニークな作品がそろっている。地元で活躍する若い作家さんを応援していただければ」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は12時~17時。月曜・金曜休み。入場無料。11月23日まで。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.