サイト内
ウェブ

姫路文学館で「画業50年のあゆみ 黒井健 絵本原画展」

  • 2024年7月11日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 特別展「画業50年のあゆみ 黒井健 絵本原画展」が現在、姫路文学館(姫路市山野井町)で開催されている。(姫路経済新聞)

 ころわんとふわふわより

 同展では絵本画家・黒井健さんのイラストレーター時代のカット作品のほか、「うまれてきてくれてありがとう」(にしもとよう作)、子どもの創造力とは何かを問いかけるという「まっくろ」(高崎卓馬作)などの新作絵本、自ら文章を書いた画文集「ミシシッピ」などの原画約200点を展示している。

 黒井さんは1947(昭和22)年生まれで25歳のときイラストレーターとして独立。1976(昭和51)年に絵本「あめってあめ」で絵本画家としてデビューした。主な作品に「猫の事務所」「水仙月の四日」(宮沢賢治作)、「手ぶくろを買いに」(新美南吉作)、「おかあさんの目」(あまんきみこ作)などがある。

 同館学芸員の竹廣裕子さんは「黒井さんの絵本制作の軌跡をたどる展覧会。印刷では味わうことのできない『色鉛筆ぼかし』の技法を原画で間近に見てほしい」と呼びかける。

 開催時間は10時~17時(最終入館は16時30分)。料金は、大人=800円、大高生=460円。中・小学生=220円。9月1日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.