サイト内
ウェブ


姫路駅前や商店街でそうめんの日イベント 乾麺や干しシイタケを無料配布

  • 2018年7月2日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 JR姫路駅北側地下連絡通路と通り商店街(三菱UFJ銀行前)で「播州(ばんしゅう)そうめんの日」イベントが7月7日、開かれる。主催は兵庫県乾麺協同組合(姫路市駅前町、TEL 079-268-0018)。

同組合が7月7日を「播州そうめんの日」と制定し、毎年行っている同イベント。地場産品としての「播州そうめん」を広く認知してもらう目的。

 イベント内容は、「乾めんサンプリング」(無料配布)によるPR活動と「東日本大震災と熊本地震」による被災者支援のための「義援金募金活動」を行う。同じ7月7日が「乾(ほし)しいたけの日」であることから、そうめんの具材としてのシイタケの普及を図るため、コラボ企画として干しシイタケのサンプリングも同時に行う。そうめん約4000袋(約1万2000食分)と干しシイタケを無料配布する予定。

 当日、播州そうめんのゆるキャラ「そうちゃん」、「めんちゃん」や姫路市のゆるキャラ「しろまるひめ」、大河ドラマ・軍師官兵衛のゆるキャラ「かんべえくん」も登場し、場を盛り上げる。同日が、七夕であることから、会場にササ飾りを準備し、子どもたちの「願い」を飾る。

 開催時間は11時~13時(予定)(姫路経済新聞)

 昨年の様子

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.