サイト内
ウェブ

花園ラグビー場で「花園近鉄ライナーズ」特別展 優勝カップや記念盾展示

  • 2022年6月23日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 東大阪市花園ラグビー場(東大阪市松原南1)内で6月23日、「花園近鉄ライナーズ D2優勝&D1昇格特別展」が始まった。(東大阪経済新聞)

 花園近鉄ライナーズの2ndジャージと選手が寄せ書きしたグローブ

 花園ラグビー場指定管理者のHOSが、ジャパンラグビーリーグワン2022ディビジョン2優勝と来季のディビジョン1昇格を記念して企画した。

 会場には、ジャパンラグビーリーグワン2022ディビジョン2のチャンピオンカップをはじめ、クウェイド・クーパー選手が選ばれた「プレーヤー・オブ・ザ・シーズン」、野中翔平選手が選出された「ゴールデンショルダー」、水間良武ヘッドコーチが受賞した「優秀ヘッドコーチ賞」の受賞記念盾などが並ぶ。

 ディビジョン2優勝とディビジョン1昇格を決めた5月8日の三菱重工相模原ダイナボアーズ戦で使った試合球や同日の試合でPOMに選ばれた片岡涼亮選手に贈られたキャップ、日本代表に選出されたサナイラ・ワクァ選手の使用スパイク、試合ごとにチーム内でMVPを選出し、メンバーが寄せ書きして贈ったボクシンググローブなど、11点を展示する。

 見どころについて、HOSスタッフの井上満さんは「クーパー選手、野中選手、水間ヘッドコーチに贈られた受賞記念の盾など、選手個人に贈られるものは一般の人が見られる機会はない。花園近鉄ライナーズの協力で実現した」と話す。「ワクァ選手のスパイクは33.5センチで、ラグビー選手の体の大きさを感じられる。スパイクにテーピングしないといけないほどハードなスポーツだと感じてほしい」とも。展示スペース隣にはフォトスポットを設ける。

 開場日はラグビーミュージアム開館日で、6月25日・30日、7月2日・7日・9日。開催時間は10時~15時。入場料は、大人=500円、中・高校生=200円、小学生以下無料。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.