サイト内
ウェブ


浜松で利き酒イベント 100種類以上用意、令和元年の記念新酒の飲み比べも

  • 2019年11月12日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「日本酒2019大きき酒会」が11月15日、プレスタワー(浜松市中区旭町)で開催される。主催は日本名門酒会浜松支部。(浜松経済新聞)

 宮城県の一ノ蔵酒造、新潟県の原酒造、静岡県の大村谷酒造場など7蔵が参加し、日本各地の蔵元から100種類以上の日本酒を一堂に集めて利き酒などが楽しめる同イベント。2010(平成22)年に始まり今年で10年目。今回は令和元年にちなんで「令い(よい)酒は人を和ます」をスローガンに掲げる。

 実行委員長の加藤國昭さんは「これまでは酒屋の店先で試飲をして日本酒の違いを説明するということがあったが、どこでも日本酒が買えるようになったことから、そういった光景が見られなくなってきた。日本酒を気軽に楽しんでほしい」と話す。

 「毎年穀物の収穫を祝い国家安泰を感謝する新嘗祭が行われるが、今年は天皇即位後初となるため『大嘗祭』と呼ばれることを記念し造った」(加藤さん)という新酒「安寧記念酒」が今年の目玉。米鶴酒造の「米鶴」(山形県)や若戎(わかえびす)酒造の「若戎」(三重県)、酒井酒造の「五橋」(山口県)の3種類を用意する。初の試みとして熱かんコーナーも設置し、かんをつけた純米酒のおいしい飲み方も伝授する。

 加藤さんによると、この10年で少しずつ若い世代の来場者が増加しているという。「近年は特に女性の参加が目立っており、今年もすでに多くの女性がチケットを購入している」とも。開催2年目から108種類を利き酒した人に「昇段達成証」を送っているが、毎年連続で達成している人がいるため、今回は9段が生まれる予定という。

 「10周年と浜松支部加盟40周年の2つが重なったこともあり、安寧記念酒だけではなく参加する7つの蔵元から前掛けなどのプレゼントを用意している」と加藤國さん。「本当においしいお酒が集まったのでわくわくする楽しい会になると思う。ぜひ友だちを誘って気軽に参加してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は18時30分~20時。入場チケットは、前売り=2,500円、当日=3,000円。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.