サイト内
ウェブ


浜松・天竜でテントサウナイベント 静岡県では初開催、BBQも

  • 2019年10月17日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 テントサウナとバーベキューを掛け合わせたイベント「浜松Sauna×BBQフェスタ 2019 in あたご」が10月26日、阿多古川 TAKI駐車場(浜松市天竜区上野)で開催される。(浜松経済新聞)

 テントサウナの中の様子

 コンサルティング業や中山間地域の活性事業を行う「浜松全力応援団」の代表理事である山本遼太郎さんは、以前から山間地で人口が減ってきていることを懸念していた。阿多古川は、夏季になるとバーベキューや川遊びで訪れる人が増えるが、それ以外は閑散としていることから、季節を問わず人が集まる催し物をしたいと、首都圏を中心にイベントが行われているテントサウナと、アウトドアの定番であるバーベキューを掛け合わせたイベントの開催を決めた。

 テントサウナはフィンランド発祥で、屋外にテント型のサウナを置き、水着などを着用して入る。同イベントでは、2人~8人用のテントを計6台用意し、女性専用のテントも設置する。「ゆっくりと汗を流した後は、平成の名水100選にも選ばれた阿多古川の水で体を冷やすのが醍醐味(だいごみ)」と山本さん。安全面に配慮し、看護師2人と川の安全スタッフと安全パトロールスタッフ5人を配置する。

 バーベキューは、静岡県バーベキュー協会の協力を得て、プロのインストラクターが用意した食材を、プロの焼き方とタイミングで食べる本格的なものを提供。肉や魚介類をはじめ、タマネギやジャガイモ、ニンジン、エリンギといった浜松産の野菜など、各種食材を用意する。

 ほかにも、自然の素材にこだわったおむすび専門店「あさのは屋 おむすび」の移動販売やヘッドスパ、ハンドマッサージ、フットマッサージの3つのメニューをそろえたリラクセーションブースを開設。サウナグッズの販売やフィンランド関連の本、グッズの販売など、さまざまな催しも行う。

 「静岡でテントサウナが楽しめるイベントは初めて」と山本さん。「大自然の中で汗をかいて川に飛び込むという、新しいアウトドアの楽しみ方。家族や友人同士誘いあって参加してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は、テントサウナは10時30分~16時。サウナパスは、中学生以上=4,000円、小学生=2,000円、未就学児無料。バーベキューは11時~16時。BBQパスは、中学生以上=2,000円、小学生=1,000円、未就学児無料。予約制だが当日参加も可。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.