サイト内
ウェブ


浜松・千歳町のカジュアルバーが5周年 5にちなんだイベント開催し、ビール1杯5円企画も

  • 2019年6月12日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 カジュアルバー「AB-Z(エービーズ)」(浜松市中区千歳町、TEL 053-453-5160)が6月16日、5周年を迎える。(浜松経済新聞)

 チーフの本多寛生さん

 浜松でラーメン店や居酒屋などを経営するオーナーが千歳町で「アメリカ」をテーマにした店を出そうと、千歳町で当時では珍しい洋風居酒屋のスタイルで5年前に出店。「このような業態は初めてで、始めは集客に苦労した」とチーフの本多寛生さん。なかなか店を認知してもらえず、駅前でのビラ配りに力を入れる一方、店のメニューも工夫を重ねた。県外の人気店や、はやりの店を巡り研究。良いと思ったことをオリジナルにアレンジして取り入れていった。シートを引いてロブスターを手づかみで食べるスタイルを取り入れ、2年前には大規模な宴会や二次会にも対応できるよう、大部屋を増設。「『エービーズはローストビーフの店』と認知され、『おいしかった』という感想が聞けたときはいつもうれしい」と本多さん。努力の結果、年々少しずつリピーターも増えてきているという。

 メニューは柔らかいと好評の「牛フィレ肉のステーキ」(1,480円)や、脂ののった「イベリコ豚の厚切りステーキ」(880円)など、肉料理を中心に約70種類を用意。熟成した「自家製ローストビーフ」(Mサイズ=1,580円)は厚切りで提供。厚みがありかみ応えがあるが柔らかいという。ほかにも皿に丸々1匹を乗せた「オマールロブスター」(1,980円)や「ガーリックシュリンプ」、「赤エビのカルパッチョ」(以上、680円)などのエビ料理も豊富にそろえる。どの料理もダイナミックな盛り付けでボリュームがあり、男性客からは好評だという。

 店舗面積は約60坪。カウンター6席、テーブル34席、テラス20席、宴会用大部屋90席の計150席。店内はアメリカをイメージし、ウッディーな雰囲気の中に、赤や緑、黄色などの配色。アメリカの国旗やレコードなど小物を所々に配置し、アメリカンスタイルを演出する。

 5周年を迎えるにあたり「5」にちなんだイベントを開催。15日までの期間中、アサヒ生ビールやワイン、ハイボールが1杯目を5円で、ソフトドリンクは50パーセントオフ、ローストビーフを1枚50円で提供。ロブスター以外の全ての料理とドリンクが食べ飲み放題で5,555円。初日は満席の状態が続き、入店を断るケースもあった。客からは「本当にこの価格でいいのか」と驚きの声も多かったという(以上、税別)。

 「赤字覚悟での周年イベント。このイベントをきっかけにもっといろいろな人に当店を知ってもらいたい」と本多さん。「始めて数年でつぶれてしまう店もある中、5年間続けてくることができた。今のままではなく、時代のニーズに合わせて新しいチャレンジをしていき、今後5年、10年と続けていけたら」とも。

 営業時間は火曜~木曜・日曜=17時30分~24時、金曜・土曜=17時30分~翌2時。月曜定休。5周年イベントは15日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.