サイト内
ウェブ

六角橋で「ドッキリヤミ市場」キャンドルナイト 手回しオルガンの演奏も

  • 2021年11月25日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 六角橋で「まち×学生~地域をつなぐ~キャンドルナイト」が、11月23日から始まった。六角橋エリアの各所でキャンドルの点灯を行い、初参加となる六角橋商店街では27日に「ドッキリヤミ市場キャンドルナイト」を開催する。(ヨコハマ経済新聞)

 【写真】東横線「ぶらり途中下車の旅」に登場した手回しオルガン

 「ドッキリヤミ市場」は、4月~10月の第3土曜日の夜に行われていた同商店街の名物行事。フリーマーケットやライブ、大道芸などが繰り広げられていたが、新型コロナウィルスの影響で2019年10月の開催以降、中断していた。

 2年ぶりの開催は「お久しぶりです!ちょっとだけヨのドッキリヤミ市場」と銘打って、キャンドルの点灯と、ライブ演奏を実施する。キャンドルナイトのテーマは「夢」で、紙パックで作ったキャンドルホルダーの側面に、アフターコロナの夢や、子どもたちの夢を描いた手作りのキャンドルに明かりを灯す。

 ふれあい通りの「商店街事務所」(横浜市神奈川区六角橋1)付近で、17時と18時から「てまわしオルガンKINO」さん、17時30分から「異国情緒鍵盤ハーモニカ 大河内美和」さんが演奏。

 「メンズショップ花屋」(六角橋1)の向かいでは、17時から「北山昌樹 with 狸穴」さん、17時55分から「Chanmika」さん、18時45分から「ケニチロカルテット」さんが登場する。

 六角橋で毎年5月に公演を行う大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎さん(91歳)の黒子も務める「てまわしオルガンKINO」さんは「『ドッキリヤミ市場』は街の雰囲気と良く合う大好きなイベント。『ちょっとだけ』でもヤミ市場の名のイベントがまたできることがとてもうれしい」と話し、六角橋商店街連合会会長の石原孝一さんは「街のみんなで作り上げるキャンドルナイト。温かい服装で楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 「ドッキリヤミ市場」キャンドルナイトは27日の17時~19時まで。六角橋商店街でのキャンドル点灯は26日も行い、同日には同商店街のほか神奈川大学など「まち×学生~地域をつなぐ~キャンドルナイト」参加の約20施設で一斉に点灯する。「まち×学生~地域をつなぐ~キャンドルナイト」は27日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.