サイト内
ウェブ

ルミネ横浜で秋の食材を楽しむ「秋のときめきパフェ&実りの秋ごはん」

  • 2021年10月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 ルミネ横浜(横浜市西区高島2)で10月15日から、「秋のときめきパフェ&実りの秋ごはん 2021」が開催される。期間中、横浜限定メニュー17種を含む25種の「秋を楽しむ」メニューを提供する。(ヨコハマ経済新聞)

 【写真】秋の果実を使った横浜限定のときめきパフェ

 「ルミネ横浜フードフェア」の秋企画。同施設に出店する飲食店が趣向を凝らし、秋の食材を使った15種のごはんメニューと、秋の果実を使ったパフェ10種を用意する。夏企画に続く同フェア第2弾で、秋企画は初開催となる。

 ごはんメニューは、ポルチーニの香りの中に赤ワインが香る「牛ひき肉と赤ワインのリゾット ポルチーニ茸(たけ)のクリームソース」、通常と炙(あぶ)り2種類のサーモンとイクラの「海鮮親子丼」、神奈川県産の牛肉と卵に秋の食材を合わせた「5種のキノコと横濱ビーフの朱卵オムレツプレート」、ふっくらしたサケやホクホクした栗の食感が楽しめるという「さけといくらときのこの羽釜ごはん」など。

 パフェは、イタリア産の栗を使ったマロンクリームに旬のシャインマスカットを合わせた「栗とシャインマスカットのモンブランパフェ」、京都宇治で創業480余年の歴史を持つ藤井茶園の抹茶がアクセントの「紫芋モンブランと栗のソフトクリームパフェ」など。

 同施設レストランフロア・フロアマスターの吉田尊さんは「緊急事態宣言が明けて自宅以外で過ごす時間が増える中、秋の実りを見た目でも味覚でも楽しんで、幸せなひとときを過ごしていただければ」と話す。

 営業時間は店舗により異なる。11月21日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.