サイト内
ウェブ

「ベイスターズプライムカメラ」配信開始 アプリで多視点映像を切り替えて観戦

  • 2021年9月15日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 横浜DeNAベイスターズ(横浜市中区尾上町1)とKDDI(東京都千代田区)が9月7日、多視点映像を好きな視点へ自由に切り替えながら試合を観戦できるアプリ「ベイスターズプライムカメラ powered by au 5G (β版)」(以下、ベイプラ)の提供を始めた。
 
 ベイプラの映像は、球団独自の計10台以上のカメラを用いて撮影。試合ごとにテーマを決めて特定の選手を追い続ける視点のほか、全体の守備位置を確認可能な俯瞰(ふかん)視点、グラウンドに立っているかのような臨場感のある視点など、「今まで見ることができなかった視点での観戦が可能になる」という。(ヨコハマ経済新聞)

 アプリには、球団OBによる独自の「マニアック解説」や試合開始と盛り上がりをプッシュ通知で知らせる機能も実装している。

 横浜DeNAベイスターズとKDDIは2019年8月、ビジネスパートナーシップを締結。両社は、新型コロナウイルス感染症の影響により横浜スタジアム現地での野球観戦が制限されるなか、先端テクノロジーを活用し、自宅にいながらスタジアムの雰囲気を味わい試合観戦を楽しめる「バーチャルハマスタ」などの取り組みを行ってきた。

 今後は、過去の試合映像などが見られるオンデマンド配信、ファン同士やファンと解説者が交流できるコメント機能などの機能拡張を予定。利用者が臨場感と一体感を感じることができるサービスを目指していくという。

 対象となる試合は横浜スタジアムで開催される主催試合。2021年シーズンはβ版が無料で利用可能。2022年シーズン以降は一部機能が有料になる予定。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.