サイト内
ウェブ


キャナルシティ博多「アクアパノラマ」でクリスマス限定企画 雪が降る演出も

  • 2018年11月9日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 キャナルシティ博多(福岡市博多区住吉1)のプロジェクションマッピング噴水ショー「キャナルアクアパノラマ」で11月10日、クリスマス期間限定企画「クリスマスパノラマ~サンタがキャナルにやってきた!~」の上映が始まる。(博多経済新聞)

 サンタの魔法演出で光り輝く館内のイルミネーション

 3Dプロジェクションマッピングを使った噴水ショー「キャナルアクアパノラマ」が2016年11月に公開以来、初めてのクリスマス限定企画となる。

 クリスマスパノラマのストーリーは「クリスマスを体験できる」をテーマに、そりに乗ったサンタクロースがおもちゃ工場を経由しキャナルシティにやってくる演出や、サンタクロースの魔法で館内のイルミネーションが光り、雪が舞い踊る演出を展開する。

 キャナルシティ博多副支配人の望月美和さんは「今年のクリスマスはイルミネーションに加え、アクアパノラマも期間限定上映する。実際にサンタクロースも登場し雪も降る体験型ショーとなっている。ぜひショータイムに足を運んでほしい」と来場を呼び掛ける。

 ショーを観覧した20代男女は「アクアパノラマは東方神起やワンピースバージョンなど何度か見ているが、今回は雪が降ってくるとは思わず、感動した。イルミネーションもショーもキラキラしていてきれいで、もうすぐクリスマスだなと実感した」と話す。

 上映時間は18時~21時(毎時00分、1日4回、約5分間)。観覧無料。12月25日まで。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.