サイト内
ウェブ


劇団四季、福岡公演で「字幕グラス」開始へ 多言語字幕サービス提供

  • 2018年6月13日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 劇団四季が6月14日、キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1)で現在上演中のディズニーミュージカル「リトルマーメイド」福岡公演でスマートグラスを使った多言語字幕サービスを始める。(博多経済新聞)

 「字幕グラス」装着時の英語字幕イメージ

 外国人や聴覚障害のある観客が、舞台を楽しめるよう行う同サービス。両眼シースルーのグラスに字幕を表示し、ハンズフリーで観劇できる。

 対応言語は英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、日本語。「字幕グラス」は、今年2月から開始した「ライオンキング」札幌公演に続く2都市目の実施となる。
 
 貸し出しは事前予約、当日貸し出し(貸し出し台数に余裕がある場合)を用意する。対象は7歳以上。料金は1,000円(公演当日は現金支払いのみ)。聴覚障害がある場合は身体障害者手帳の提示により無償貸し出し。貸出時に保証金として3,000円。貸出期間は11月3日まで。問い合わせは劇団四季 福岡オフィス(TEL 092-292-1160)、またはWebフォームまで。

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.