サイト内
ウェブ


八戸で国保税収納や特定健診・がん検診受診PR 小林市長もパンフ配布

  • 2019年11月11日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 八戸市は国保税収納率向上及び特定検診・がん検診受診率向上を目指し11月5日、八戸ポータルミュージアム「はっち」(八戸市三日町)前でキャンペーンを行った。(八戸経済新聞)

 八戸市の国保税の収納率は年々上がってきてはいるものの、青森県平均よりは下回っている。特定検診の方も30%前後で横ばい状態で、青森県県平均には及んでいない。

 キャンペーンでは小林眞八戸市長自らがたすきをかけPRパンフレット類を直接、道行く市民に配布。国保税を納めるには口座振替が便利だということもPRしつつ、エコたわしとポケットティッシュ、パンフレットを配布して呼び掛けた。キャンペーンには八戸市国保運営協議会会長の坂本美洋さんも参加した。

 八戸市国保年金課課長の山道さんは「国保税は、皆さまの税金を頂いて皆さまの医療費に使うという相互扶助。どうぞよろしくお願いします」と話す。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2019 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.