サイト内
ウェブ

銀座のホテルでイチゴのアフタヌーンティー イチゴを使ったセイボリーも

  • 2021年11月25日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「ハイアット セントリック 銀座 東京」(中央区銀座6)3階のレストラン「NAMIKI667」が12月1日、「ストロベリーアフタヌーンティー」と「ストロベリースウィートアフタヌーンティー」の提供を始める。(銀座経済新聞)

 【写真】イチゴを使ったセイボリー「苺のムースとイベリコ豚の生ハムのオープンサンドイッチ」

 季節の旬に合わせたケーキセットなどを提供する同店。今回、オーガニック食品会社「BROWN SUGAR 1ST.(ブラウンシュガーファースト)」(千代田区)とコラボレーションし、マダガスカル産のバニラビーンズとイチゴを使ったアフタヌーンティーを用意する。

 「ストロベリーアフタヌーンティー」(4,950円)は、バニラシロップを塗ったスポンジ生地を使った「苺(いちご)のショートケーキ」、アーモンドクリームとカスタードクリームにイチゴをのせた「苺のタルト」、イチゴのゼリーをココナツのムースとラズベリーでコーティングした「苺のムース」など6種類のスイーツと、「苺のムースとイベリコ豚の生ハムのオープンサンドイッチ」「苺とモッツァレラチーズのカプレーゼ」などイチゴを使ったセイボリー3種類のセット。日替わりの小菓子とコーヒーまたは紅茶が付く。セイボリー無しの「ストロベリースウィートアフタヌーンティー」(3,300円、以上サービス料別)は、平日予約限定で提供する。

 提供時間は12時~17時。2月28日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.