サイト内
ウェブ

震災後の避難所を回り歌で支援したユニット「ザ レジェンド」、全国ツアーで再び福島へ

  • 2021年9月15日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 男性オペラ歌手で結成されたユニット「THE LEGEND(ザ レジェンド)」が10月1日、福島市の「ふくしん夢の音楽堂」(福島市入江町)でコンサートを行う。(福島経済新聞)

 2006(平成18)年に5人組として結成した同ユニット。2011(平成23)年にメジャーデビューし、同年3月に福島でコンサートを行った1週間後に東日本大震災が起きた。メンバーは翌月に被災した福島へ向かい、避難した人へのエールとして歌を贈った。同ユニットはマイクを使わずオペラ由来の腹式呼吸「ベルカント唱法」でコンサートを行っている。リーダーの吉武大地さんは「自分たちはそれを『ベルカンティズム』として、オペラにこだわらず歌っている」と話す。

 結成15年目になる今年、新たにメンバーを迎え8人体制となり、ピアニストを加えた9人で全国ツアーを展開。吉武さんは「コロナ禍ではあるが、新体制で切る新たなスタート。新型コロナウイルス感染症の影響で生のコンサートが減ってきているが、ネットやテレビではない生のコンサートを届けたい」と意気込みを見せる。

 東日本大震災後、福島でコンサートを行う際には、被災した飯舘中学校の生徒を招待しているという。吉武さんは「避難所で自分たちの歌を聴いてくれた人が、実際にコンサートに足を運んでくれた」と目を細める。「コロナで落ち込んでいる人にもエネルギーを届けられれば」とも。

 17時開場、18時開演。チケットは5,000円。未就学児の入場不可。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.