サイト内
ウェブ

清澄白河のホテルでフリマとワークショップイベント 「思い入れのあるものを誰かに」

  • 2018年4月17日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 清澄白河にあるホテル「THE SHARE HOTELS LYURO東京清澄」(江東区清澄1)のテラスで4月21日、「清澄白河リバーサイドマーケット vol.1」が開催される。(深川経済新聞)

 LYURO外観

 会場は、「かわてらす」と名付けられた同ホテル前の隅田川に突き出た空間。晴れた日には散歩コースとしても人気が高い。

 同イベントのコンセプトは、「汚れたものや壊れたものではなく、思い入れのあるものを誰かに譲る」というもの。地元住民中心に約20店のフリマブースと、地元で事業を行う店主らによる7つのワークショップブースが出展する。会場に面したバーベキューレストラン「PITMANS」でアウグスビールが提供されるほか、フードやドリンクも購入できる。

 主催者の一人・東英美さんは「ただ販売するのではなく、出品するものの思い出やお薦めの使い方などを積極的に伝えたり、メモ書きを付けたりして、その場に集う人同士のコミュニケーションが生まれるような場をつくりたい」と話す。

 開催時間は10時~15時。入場無料。雨天中止。「かわてらす」へのアルコール持ち込み、「PITMANS」への食べ物・飲み物の持ち込みは不可。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.