サイト内
ウェブ

池袋東武「新春福袋」−「“ワン”ダフル」テーマに食品福袋は3万2000点超

  • 2017年11月14日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 東武百貨店池袋本店が、2018年東武の福袋の内容を発表した。(デパチカドットコム)

 魚力が販売する「プラス“ワン”」福袋

 2018年の干支(えと)の「戌(いぬ=犬)年」にちなみ、福袋のテーマは「“ワン”ダフル」。特典を1品追加した「プラス“ワン”」福袋と、希少性の高い東武限定の「オンリー“ワン”」福袋の2シリーズを初めて企画するなど、全館で約5万5000点を用意し、売り上げ目標は前年比103.8%を目指す。

 同店で強みの「食」に関する福袋は全体の半数を占め、食品福袋は3万2000点以上を展開。同社広報部の担当者は「株価が好調で景気回復と言われているが、一般の生活者にはその景気が実感できない。縁起ものの福袋で生活応援になれば」と言い、「中でも、食品の福袋にはゲーム感覚を取り入れ、『モノ(食品)+コト(遊び)』のハイブリッド型福袋として、新春ならではの面白く楽しい福袋をそろえた」と話す。

 全体テーマに沿った「プラス“ワン”」食品福袋には、グロサリーショップ「北野エース」が体験型福袋「フリーズドライをワンワン回すくえちゃう!お“椀(わん)”だふる福袋」(5,000円、限定11点)を販売する。ワゴンに入ったみそ汁やスープ、にゅうめん、雑炊など約90種のフリーズドライを「お椀(ワン)」で11回(=ワンワン)すくい取ることができる内容。北野エースオリジナル「大人のための贅沢(ぜいたく)カレー」(1箱2,160円×2種)が付く。

 「プラス“ワン”」福袋にはほかにも、今年の新語・流行語大賞にノミネートされた「35億」にちなみ、「35億○○ With B」でBから始まる特典が付く食品福袋もお目見えする。精肉、鮮魚では、その内容が計35億マイクログラム(=3.5キロ)以上という食品福袋が登場。「魚力」は、青森・大間産マグロ(ブロック約3キロに頭、カマ付き)に、ボイル毛ガニ1杯、ボイルズワイガニ1肩、ボイルタラバガニ1肩を付けた「35億マイクログラム以上!THE MAGURO With Boil がに福袋」(7万円、限定2点)を、「ニュー・クイック」は松阪牛のすき焼き用部位5種と、ステーキ用部位5種に、国産牛のブロック肉を付けた「10部位(TOBU)で35億マイクログラムWith Block肉 福袋」(3万円、限定2点)を販売。女性限定対象の福袋として、今秋地下2階食品売り場にオープンした「紀ノ国屋」は、店内約3500アイテムから「美・健康」をテーマにした商品35種類(5,000円以上の商品は対象外)に、オリジナルエコバッグ1点を付けた「35億の男を虜(とりこ)にする美活アイテム With Bag 福袋」(5万円、女性限定1点)を販売する。

 「オンリー“ワン”」福袋では、普段できない買い物体験ができる食品福袋が登場。「立喰い寿し すしつね」は、40種類以上のすしネタを60分間食べ放題できる「海のたら福王子&満福王女 お寿司食べ放題福袋」(2,018円、限定1組2人)を、青果専門店「九州屋」は、取り扱う約400種類の野菜・果物から好みの商品を30分以内で選べる「野菜・果物から選び放題!30種類選べる福袋」(3,000円、限定1点)を販売する。

 いずれも応募が必要な抽選ありの食品福袋で、予約受付期間は12月26日(火)~2018年1月2日(火)17時。初売りは2018年1月2日(火・振)9時30分から。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.