サイト内
ウェブ

道の駅・龍勢会館のトカラヤギ、一般公募で名前決まる

  • 2021年9月27日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 道の駅・龍勢会館(秩父市吉田久長)に県内の農家から寄贈された小型のトカラヤギを2頭の名前が決まった。(秩父経済新聞)

 【写真】道の駅・龍勢会館が飼い始めたヤギの「ルル」

 トカラヤギは、鹿児島県トカラ列島原産の日本在来のヤギで、成獣になっても体重が20~30キロの小型のもの。7月に同会館に来た白黒の牛柄のヤギは2頭共体重15キロほど、体高50センチほどの子ヤギだった。

 同会館では、このヤギの名前を7月から一般公募。8月末までにおよそ100通の応募があり、9月に審査した結果、名前が決まった。

 「キキ」と名付けられた雄のヤギについて、応募した市内の女性は、「初めて見たときに目がキラキラしていて、そこからこの名前を思いついた」という。

 もう一頭は「ルル」と名付けられた。胴体横にハートマークのある雄のヤギで、名前の響きが良いことから選ばれ、こちらも市内の女性からの応募だったという。

 2頭は現在、健やかに成長しており、体高も65センチほどになった。2頭は同会館裏の草原を柵で囲い飼育されているが、会館では訪れた人がむやみに餌を与えたり、触ったりしないよう呼び掛けている。

 道の駅・龍勢会館の営業時間は9時~16時30分。火曜定休。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.