サイト内
ウェブ

大津市の市民活動を体験 ひょうたんの植え付けやバリアフリースポーツなど

  • 2018年4月17日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 「2018年度のぞいてみよう!おおつの市民活動体験講座」が5月12日から、大津市各地で開催される。主催は大津市市民活動センター(TEL 077-527-8661)。(びわ湖大津経済新聞)

 のぞいてみよう!おおつの市民活動体験講座のチラシ

 市内で市民活動を行っている5団体が参加。市民公益活動やボランティアを一般の人が体験できる。5月から11月までの間に6講座を実施。

 5月12日はNPO法人「あめんど」(大津市野郷原2)で「ひょうたんの植え付け」を行う。成長の様子をブログで公開し、自分の植えたひょうたんの成長を観察。希望者は8月下旬に収穫できる。10月27日には乾燥したひょうたんでランタン作りワークショップを開く。

 同NPOの盛本智子さんは「絵本でしか見たことのないひょうたんを自分で植えて収穫し、作品を作るという体験を通して、街なかで自然を感じてほしい」と話す。

 ほかにも、演劇鑑賞とカブトムシレース大会やバリアフリースポーツゲーム交流会、赤シソ収穫体験などを実施。同センターの岡田由布紀さんは「普段できない体験を通して、楽しみながら出会いや発見のある講座となった。市民活動を身近に感じてもらいたい」と話す。

 開催日、時間は同センターのフェイスブックで確認できる。参加費は、各回大人=1,000円、3歳~小学生=500円。申し込みは同センターまで。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2018 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.