サイト内
ウェブ

とらやが夏向け和菓子 金魚が泳ぐさまを表した生菓子など

  • 2020年7月15日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 夏らしい和菓子を現在、赤坂の老舗和菓子店「とらや 赤坂店」(港区赤坂4、TEL 03-3408-2331)が販売している。(赤坂経済新聞)

 【写真】太陽を思わせるヒマワリを表したきんとん製の「向日葵」

 期間限定で用意する琥珀(こはく)製の「若葉蔭(わかばかげ)」(519円)は、水面に浮かぶ青葉の陰を金魚が泳ぐさまを表したもの。琥珀かんを数回に分けて型に流し込み、練り切りの金魚や藻をあしらい仕上げる。金魚は職人が手作業でつくり、一つ一つ竹串を使って目を入れていくため、一個ずつ異なる表情に仕上がるという。

 7月16日からは、きんとん製の「向日葵(ひまわり)」(486円)の販売も始める。太陽を思わせるヒマワリを表した生菓子で、四角い水ようかん製の芯を御膳(ごぜん)あんで包み種に見立て、黄色のそぼろあんで花びらを表現する。

 とらや広報担当の神田奈緒さんは「夏の季節感を味わえる彩りの美しいお菓子をご用意した。大切な方やご家族でお菓子を囲み、ほっとしていただきたい。販売期間中は毎日ご用意をしているが、その日の分が売り切れてしまうこともあるので、早めの時間に店頭でお買い求めいただきたい」と話す。

 7月の営業時間は、平日=9時~19時、土曜・日曜・祝日=10時~18時。無くなり次第終了。7月31日まで。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.