サイト内
ウェブ

赤坂に焼き鳥店「とりの炭家」 山梨の銘柄鶏「甲斐の極み鶏」使う

  • 2020年1月15日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 赤坂の焼き鳥店「とりの炭家」(港区赤坂6、TEL 03-6868-8668)が、オープンから3カ月を迎える。(赤坂経済新聞)

 「塩つくねちゃんこ」

 席数はカウンター7席を含む25席。焼き鳥と日本酒をメインに提供する店として昨年10月17日にオープンした。焼き鳥には山梨県産の「甲斐の極み鶏」を使う。

 メニューは、「塩つくね」(290円)や「はらみ」「はつもと」(以上250円)など。お任せメニュー(680円~)や「鶏つくねちゃんこ(1人前)」(1,380円)も用意する。日本酒メニューは「ゆきだるま」(600円)や「黒龍」(1,250円、以上税別)などをそろえる。

 店主の中村栄一さんは「『甲斐の極み鶏』は山梨の銘柄鶏。当店名物は『塩つくね』で鶏肉の味とジューシーさを引き出すためにシンプルな味付けに仕上げている」と話す。「赤坂で働いている人はもちろん、居住する人にも味わってほしい」とも。

 営業時間は17時~翌3時(土曜・日曜・祝日は23時まで)。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.