サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町のアフタヌーンティーが1周年 シュタイフ社とコラボ企画は早々に完売

  • 2017年12月8日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」内のカクテル・ラウンジバー「スカイギャラリーラウンジ レヴィータ」(千代田区紀尾井町1、TEL 03-3234-1111)のアフタヌーンティーが、提供開始から1年を迎えた。(赤坂経済新聞)

 1周年企画で設置したフォトスポットにはシュタイフ社製特大テディベアを飾る

 同ホテルでは、昨年12月よりシーズン毎に異なるメニューを用意する「ギャラリーアフタヌーンティー~Season Style~」の提供を開始。昨今のアフタヌーンティーブームも後押しし、女性を中心に多くの客で賑わう。

 現在は1月8日までの期間中、「蝶が舞うギャラリーアフタヌーンティー シーズンスタイル」(最大4時間=4,800円、2時間制=4,400円)を提供中。ハンドドリップで淹れるコーヒー6種、紅茶10種のフリーフローのほか、「ラズベリーとピスタチオのシューリース」「ホットワインショコラ」「ホリデーチョコレートパレ」といったスイーツなどを用意する。

 また、今回は提供1周年を記念しテディベアブランドのシュタイフ社とコラボレーションしたメニュー「シュタイフ×蝶が舞うギャラリーアフタヌーンティー~Season Style~」も100名限定で用意したが、早々に完売。利用者特典として1人ひとつ、オリジナルテディベアキーリングをセットにし、店内には期間限定でシュタイフ社製特大テディベアを飾ったフォトスポットを用意。インスタグラムなどの「SNS映え」も意識した。

 同ホテルマーケテイング担当者は「早々に完売となってしまったが、『シュタイフ×蝶が舞うギャラリーアフタヌーンティー~Season Style~』は、現在販売しているオリジナルテディベアキーリングの好評だったこと、女性ホテリエが集まり活動している『Team Twinkle』からも『ぜひコラボレーションしたい』と言う意見が上がったことから実現に至った」と話す。

 「蝶が舞うギャラリーアフタヌーンティー シーズンスタイル」は、要予約(2名~)。来店時間は、14時~16時(2時間制は12時~13時)。サービス料別途。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.