サイト内
ウェブ

大阪芸大スカイキャンパスで「パラスポーツの世界」 写真と墨絵の展覧会

  • 2021年9月24日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 フォトグラファーの越智貴雄さんと墨絵イラストレーターの茂本ヒデキチさんによる展覧会「撮る×描く パラスポーツの世界~支配されない表現者たち~」が9月23日、大阪芸術大学スカイキャンパス(大阪市阿倍野区、あべのハルカス24階)で始まった。(あべの経済新聞)

 【動画】大阪芸術大学スカイキャンパスで「撮る×描く パラスポーツの世界~支配されない表現者たち~」

 同展は、2000(平成12)年からパラスポーツ取材に携わっている写真学科卒業生の越智さんとデザイン学科卒業生で客員教授を務める茂本さんがコラボレーションし、パラスポーツ22競技をテーマとした写真と墨絵イラスト作品を展示する。併せて、「東京2020パラリンピック」で7位入賞を果たしたパラカヌー日本代表・瀬立モニカ選手が沖縄県大宜味村で合宿した時に100日間密着して、村の人々との交流を撮った写真を展示する「『てんねんD&I展 −モニカが村にやって来た−』越智貴雄写真展」も同時開催する。

 初日はメディア向けオープニングイベントが開かれ、越智さんや同展のモデルにもなっている舞台芸術学科在学生でダンサーの梶本瑞希さん、義足ファッションモデルの海音さんによるトークセッションが行われた。梶本さんと海音さんが参加した「東京2020パラリンピック」開会式の感想も語られた。

 越智さんは「(てんねんD&I展は)瀬立選手が来ることによって村が変化していき、自然にダイバーシティー&インクルージョンを見られた。それをしっかり記録したものを展示している」と話し、「パラリンピックの迫力や情熱を感じてもらいたい」と期待を寄せる。

 開館時間は11時~19時。月曜、10月15日休館。入場無料。10月24日まで。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.