サイト内
ウェブ

あべのハルカス近鉄本店に台湾発「神農生活」 レストラン、台湾茶店も

  • 2021年4月8日
  • みんなの経済新聞ネットワーク

 台湾発のライフスタイルショップ「神農生活」の日本1号店が4月9日、あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)タワー館10階にオープンする。(あべの経済新聞)

 【動画】あべのハルカスに台湾発ライフスタイルショップ 「神農生活」

 「神農生活」は、ニューヨーク発祥の「食に関するセレクトショップ」に強くインスピレーションを受け、料理を食べることや作ることが好きな人のために「夢のような食材が集まる場所を提供したい」と立ち上げられたブランド。台湾では現在、花博店(台北、2013年開業)と南西店(台北 中山駅前、2018年開業)の2店舗を展開している。

 日本初出店となる同店は、近鉄百貨店がフランチャイズ形態で運営。雑貨やグロッサリーなど約960アイテムを販売し、Tシャツやトートバッグなど近鉄本店限定の商品も用意する。

 併せて、台湾の家庭料理を楽しめる定食などを用意するレストラン「食習」、今回の日本初出店に合わせて新たに立ち上げられたティーサロンを併設する台湾茶セレクトショップ「Oolong Market 茶市場」も出店する。3店の合計面積は約825平方メートル。

 近鉄百貨店の村中勝彦さんは「(出店は)台湾で弊社の社長が『神農生活』が見て、昭和レトロな空間と珍しい商品が集まっているのが気に入って、日本でやりたいと思ったのがきっかけ。フランチャイズでできないと持ち掛けて合意に達した」と明かし、「まずはこの1号店をきっちり作り上げることが前提だが、この規模にこだわらず、いろんなバリエーションを持って店舗展開していきたい。卸事業や、国内でのフランチャイザーになる3つのスキームを考えている」とも。

 営業時間は10時~20時。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 みんなの経済新聞ネットワーク All Rights Reserved.