サイト内
ウェブ

お家時間のドラム練習に。ゲーム感覚で楽しめるポータブルドラム「PocketDrum 2」

  • 2021年1月28日
  • ライフハッカー[日本版]

ギター/ピアノ/バイオリンetc. どんな楽器でも、上達には日々の練習が欠かせません。しかし、日本の住宅事情を考えると、大きな音を出すのはなかなか難しいですよね。

中でもドラムは、ご近所への影響が甚大…。消音パッドを組み合わせたり、電子ドラムを使ったりといった方法もありますが、完全に振動や騒音を消すことは難しいでしょう。

そこでご紹介したいのが、CAMPFIREでプロジェクトを実施中の「PocketDrum 2」。スティック型のデバイスやフットセンサーと専用アプリを連携させることで、リアルなドラム体験が可能になるガジェットです。

加速度センサーにより、スティックの動きに合わせてさまざまな音を再生できるだけでなく、触覚振動フィードバックでリアルな演奏感を実現。自宅でも毎日、効果的な練習ができそうですよ!

いつでもどこでもセッションできる

Image: aerobandjp

「PocketDrum 2」の使い方はとても簡単。まずは、スマホやタブレットでアプリを開いて、スティック本体をアクティブ化しましょう。続いて、アプリと本体を同期し、スティック位置の調整を行えばOKです。

スティックとセンサーは持ち運べるコンパクトさ。バスドラム/タム/フロアタム/スネア/ハイハット/クラッシュシンバル/ライドシンバルなど、基本的なドラムセットの音を再現できます。バッテリーも最大40時間動作するため、いつでもどこでも演奏を楽しめそうですよ。

さまざまなモードで楽しく練習!

Image: aerobandjp

アプリには、チュートリアル的なレベルモード/自由に演奏できるフリーモード/曲に合わせて楽しめるソングモードなどが収録されています。

中でも注目は「ソングモード」でしょう。いわゆる音ゲー的な感覚で、画面の指示に合わせて曲を練習できます。これなら、1人でもバンドで演奏する醍醐味を味わえるはず。繰り返しプレイすることで、上達を実感できそうです。

さらに、アプリはBGM (Background Music) 再生にも対応。Apple Music(※)で曲を流しながら、自由に練習できます。お気に入りのナンバーなら、スムーズな上達が見込めそうですね!

※Android版は、Play ストアでダウンロード可能。

macOSで標準インストール音楽制作アプリ、「GarageBand」との互換性にも注目です。収録されているサウンドライブラリを用いれば、より多くの音色で演奏が楽しめます。打ち込みもいいけど、自分でドラムを叩きたいDTMerにもオススメですよ。

ドラム初心者はもちろん、レコーディングに役立てたい上級者にも役立ててもらえそうな「PocketDrum 2」。CAMPFIREでは現在、一般販売予定価格11,280円(消費税込み)のところ、32%オフの7,700円(消費税・送料込み)から支援可能です。

お家時間、ドラム練習に没頭したい人にはうってつけの品です。ぜひ詳細を下記リンク先からチェックしてみてくださいね。

>>PocketDrum 2:初心者からプロまで。外でも使えるポータブルドラム

Image: aerobandjp

Source: CAMPFIRE, YouTube

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.