サイト内
ウェブ

キャンペーン残りわずか。チタン専門ブランドが手がけた特別な水筒「Micro Therma」

  • 2020年11月27日
  • ライフハッカー[日本版]

みなさんは、サーモボトルを持っていますか?

暑い時や寒い時に飲み物を保冷、保温してくれる便利で身近な水筒ですが、サイズが大きかったり、金属のニオイがしたり、特定の状況で使いにくかったりと、なかなかしっくり来るモノが見つけにくい製品でもあります。

そこで、今回ご紹介したいのが、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の「Micro Therma(マイクロ・サーマ)」。

チタン製品の専門ブランドである「TITANO(チタノ)」が、新しく日本向けに開発したという特別なボトルです。支援期間も残りわずかとなりましたので、製品の特長をご紹介していきます。

ポケットに収まる飲みきりサイズ

Image: TITANO

ステンレス製よりも軽い本体は、ポケットに収まるミニサイズ。なんと本体は126gという軽量ボディ。大きさも14.8cmと、手のひらに収まってしまうサイズです。

また、冬場などは水分補給をあまりしない方も多いかと思いますが、Micro Thermaの容量は130mlとちょうどいい飲みきりサイズ。

大好きなコーヒーや紅茶を入れてお散歩に行ったり、オフィスで一息つきたい時など、日常のちょっとした休憩時間にぴったり。

130mlといえば、少なめのカップ1杯分ほどの量なので、お家でのリラックスタイムで使用するのにも向いています。

医療現場でも使われている高純度チタン

Image: TITANO

サーモボトルを使った時に、たまに気になってしまうのが鉄っぽい金属臭のニオイですよね。せっかく買ったのに金属臭がしてしまうのは残念です。特に、繊細な飲み物を入れた時には、感じる香りに敏感になってしまうもの。

しかし、このMicro Thermaは、医療現場でも使われている高純度のチタンでできています。長く使っていても無味無臭を保ち、繊細な飲み物の風味や香りを楽しみ続けることができます。

とても丈夫でずっと使える!

Image: TITANO

チタンは、金属の中でも強度対重量比がとても高いです。

その軽量性と丈夫さから、さまざまなものに使われています。大きいものではドーム型の建物の屋根や飛行機のエンジン、小さいものでは体内に入れる人工関節など。チタン素材は耐腐食性にも優れているので、入れられる飲料を選ばないのも魅力です。

どんな場面でも香りを!

Image: TITANO

無駄な凹凸のないスレンダーなボディなのでオフィスではもちろん、荷物のかさばりがちなキャンプなどにも持っていけます。

飲み物の香りを最高の状態で楽しみたい場面にMicro Thermaはぴったり。一般販売予定価格 8,800円のところ、今なら10%OFFの7,200円(消費税・送料込み)で支援が可能です。プロジェクトの詳細は以下のリンクからご確認ください。

>>素材の香りを変えない、純チタン製真空サーモボトル「Micro Therma」

Image: TITANO

Source: machi-ya

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.