サイト内
ウェブ

iPhone 12の最新4機種を比較! 買い替えるべき人の特長とは?

  • 2020年10月14日
  • ライフハッカー[日本版]

5G時代へようこそ。

ついにAppleは、5G対応のフラグシップクラスのiPhoneを発表しました。発表された4つのiPhoneは、いずれも魅力的ではありますが、5G対応だからといって購入を決断するには早すぎます。

というのも、最近、PCMag.comが、米国内の5Gネットワークをテストし、デバイス上で実際どのくらいの速度がでるのか検証をしました。何を隠そう、私はサンフランシスコのベイエリアでテストを手伝っています。

たとえば、ベライゾンのmmWave 5Gネットワーク(キャリアで得られる最速の5G速度)は、PCMagがテストした多くの場所の約2〜3パーセントでしか利用できませんでした。実際、ベライゾンの "全国的な5G" ネットワークは、スマホ上に5Gのアイコンを表示するだけで4Gの速度でした。

とにかく、私は5Gという条件を意識せず、iPhoneの購入を検討しています。実際、実際得ることができないであろうスピードよりも、もっと検討に値すべきことがあるからです。

目次

1. 現在のiPhoneのラインナップ

2. 新型iPhone 12 Proシリーズにアップグレードすべきか?

3. iPhone 12とiPhone 12 miniは?

4. 買い替えのタイミングはいつがベストか?

・iPhone 11 ProもしくはiPhone 11 Pro Maxユーザーの場合

・第二世代iPhone SEユーザーの場合

・iPhone XS or XS Maxユーザーの場合

・iPhone XRユーザーの場合

・iPhone Xユーザーの場合

5. 買い替えのポイントまとめ

現在のiPhoneのラインナップ

最初に、Apple Storeで購入できるiPhoneのラインナップを紹介します。忘れてはならないのが、iPhone 8とiPhone 8 Plus、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxにはサヨナラをいうこと。Proを冠するのは、iPhone 12だけになりました。

以下の価格はすべて税抜きです。

iPhone XR 6.1-inch 64GB: 54800円(1万円値下げ) 6.1-inch 128GB: 59800円(1万円値下げ) Colors: ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、レッド iPhone 11 6.1-inch 64GB: 64800円(1万円値下げ) 6.1-inch 128GB: 69800円(1万円値下げ) 6.1-inch 256GB: 80800円(1万円値下げ) Colors: ホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッド iPhone SE 4.7-inch 64GB: 44800円 4.7-inch 128GB: 49800円 4.7-inch 256GB: 60800円 Colors: ホワイト、ブラック、レッド iPhone 12 mini 5.4-inch 64GB: 74800円 5.4-inch 128GB: 79800円 5.4-inch 256GB: 90800円 Colors: ホワイト、ブラック、ブルー、グリーン、レッド iPhone 12 6.1-inch 64GB: 85800円 6.1-inch 128GB: 90800円 6.1-inch 256GB: 101800円 Colors: ホワイト、ブラック、ブルー、グリーン、レッド iPhone 12 Pro 6.1-inch 128GB: 106800円 6.1-inch 256GB: 117800円 6.1-inch 512GB: 139800円 Colors: グラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルー iPhone 12 Pro Max 6.7-inch 128GB: 117800円 6.7-inch 256GB: 128800円 6.7-inch 512GB: 150800円 Colors: グラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルー

新型iPhone 12 Proシリーズにアップグレードすべきか?

Screenshot: David Murphy via Apple

今年のiPhoneを分析するのは、簡単であり難しい。前者は、ノーマルのiPhoneとProのサイズは基本的に同じだからです。

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max、どちらがベストサイズ?高のハードウェアが必要な人は、iPhone 12 ProもしくはiPhone 12 Pro Maxの2つが選択肢になるでしょう。

ただ、この2つのiPhoneの違いは小さく、何を望んでいるか、どのくらいの予算があるかによって選ぶべきものが異なります。

iPhone 12 ProとiPhone 12Pro Max、どちらがベストサイズ?

iPhone 12 Proの画面サイズが6.1インチなのに対して、iPhone 12 Pro Maxは6.7インチ。iPhone 12 Proは、iPhone 11やiPhone XRと比べて気持ち小さめ。ほとんどiPhone XSやiPhone Xのサイズです。

もし最も似たiPhoneを探すなら、スクリーンサイズと本体のサイズにおいてiPhone XRが最も近い存在だと言えるでしょう。どうしても実物のサイズを知りたいなら、プリントして工作してみるのも1つの手です。

iPhone 12 Por Maxについて言えば、それはAppleが作ったiPhoneの中で最も大きく、iPhone 11 Pro MaxやiPhone XS Maxを少し上回るサイズです。スクリーンサイズに限って言えば、iPhone 11 Pro Maxより、0.2インチ広くなっています。

iPhone 12 Proより約1万円金額の高いiPhone 12 Pro Maxですが、私は必ずしも大きいことが優れていることだとは思っていません。皆さんの好みと、10万円以上するハンディサイズのコンピューターを持ち運ぶジーンズのポケット、ハンドバッグ、バックパックなどのサイズを鑑みながら決めるのがいいでしょう。

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxに違いはない?本当に? Screenshot: David Murphy via Apple

う〜ん、しょうがないですね。

iPhone 12 Pro Maxは、5倍の光学ズームを搭載しています。これはiPhone 12 Proの4倍で、バッテリーサイズも少し大きめ。ビデオの連続再生時間も20時間までサポートしています(iPhone 12 Proは17時間)。

ただ、iPhone 12 Pro Maxのほうが解像度は少し高いものの、望遠レンズは少し見劣ります(iPhone 12 Proはƒ/2.0、iPhone 12 Pro Maxはƒ/2.2)。

これは賛否が分かれるところだと思っています。主な違いは、画面サイズの大きさであり、どう選ぶかはみなさん次第。もしくは、出荷日を基準にするのもいいでしょう。iPhone 12 Proは10月16日に予約を開始する一方、iPhone 12 Pro Maxは11月6日からです。

iPhone 12とiPhone 12 miniは?

Screenshot: David Murphy

ここからがおもしろいところです。まずは、要約から始めましょう。

iPhone 12の特長とiPhone 12 Proとの違い

もし、小さくて、5G機能が欲しくて、Appleの最新の技術が搭載されたスマホが欲しいなら、iPhone 12 Proは選択肢にはなりません。

iPhone 12は、iPhone 12 Proと同じ画面サイズ(重量は少し軽い)であり、金額も1万円以上安い。典型的な画面の明るさは「Pro」には若干劣るものの(およそ175ニッツ)、CPU(A14 Bionic)とグラフィックスは同じなのです。

ただ唯一の違いといえば、カメラの数です。そう、望遠レンズ。そのため、光学ズームの範囲が全体的に狭くなってしまいます(4倍ではなく2倍)。また、Appleの新しい保存方式「ProRAWフォーマット」にも対応していません。これは、RAW画像の調整機能の利点を持つもので、撮影した写真を後で編集しやすくしてくれます。

また、ナイトモードのポートレートショットは、iPhone 12にLiDARスキャナが付属していないので使うこともできません。ああ、あとは、Dolby Vision HDRのビデオは、60fpsではなく30fpsが最大です。

言い換えれば、iPhone 12は "プロ" 機能を搭載していません。でも、1万円以上高価な価値がありますか? もし日常生活で写真を撮るなら、そこまでの機能は必要ないでしょう。唯一、大きな画面が欲しいなら、iPhone 12 Pro Maxを選択肢に入れるくらいですね。

ほとんどの人は、ProRAWを使用することはありません。望遠レンズがないのは少し厄介ですが、最悪自分の足で近づいて撮影すれば問題ないでしょう。2倍の望遠レンズは、それほど大きな問題ではありません。

ナイトモードのポートレートが使えないのは残念ですが、必要な状況が本当にあるのか、自分自身に問いかけてみてください。同様に、60fpsで動画の撮影も必要でしょうか? どのくらいの頻度で使用しますか? たぶん、私は "必要ない "と言うでしょう。

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniは、5.4インチの画面を搭載した最小のiPhoneです。第二世代のiPhone SEよりも高さと幅が小さく、スクリーンは0.7 インチ大きい。初代iPhone SEを夢見てきた人のための、iPhoneだと言ってもいいでしょう。

買い替えのタイミングはいつがベストか?

簡単な答えは次のとおりです。

古いiPhoneであっても、毎日の運転手として不足ないレベルに到達しています。特に、イケてる写真ではなく、普段使いするためのスマホなら尚更です。だから、方法論的にアプローチしてみましょう。

iPhone 11 ProもしくはiPhone 11 Pro Maxユーザーの場合 Screenshot: David Murphy via Apple

私ならアップグレードしないでしょう。

5G接続をしたい場合でも、あなたが住んでいる場所、仕事場、または旅行先で素晴らしい5Gの速度を得られることを確認できるまで、古いデバイスを下取りに出さないことをおすすめします。

iPhone 12とiPhone 12 miniへの機種変更は、ダウングレードのように感じるかもしれません。望遠カメラと光学ズームがなく、買い替えを検討する必要はないでしょう。

一方、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxへの機種変更こそが、現実的な選択肢です。その分だけ数万円お金がかかります。たとえ、今持っているiPhoneを下取りに出してもです。そこまでして、本当にアップグレードする必要はあるのでしょうか?

ただ、iPhone 11 ProからiPhone 12 Pro Maxへのアップグレードには意味があります。MagSafeやProRAWのようなiPhone 12 Proの機能は確かに説得力があるからです。しかし、本当に写真に夢中にならない限り、あまり必要とはしない機能ではあります。

まとめ:

私はほとんどの人が、iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxをアップグレードするべきだとは思いません。メールやSNSを見たり、動画を見たりするだけなら、今のiPhoneで十分だからです。トヨタやテスラの車が動くのに、わざわざフェラーリを買う必要なんてないでしょう。

第二世代iPhone SEユーザーの場合 Screenshot: David Murphy via Apple

小さな小さなスマホ、私ならiPhone 12 ProもしくはiPhone 12 Pro Maxにアップグレードすると思います。より大きな画面、遥かに優れたカメラのセットアップ、大きなバッテリ、5G、Face IDとHD Face Time。でも、なぜiPhone SEを購入したかも、改めて考えてみる必要があります。

AppleのProシリーズは、明らかに大きなアップグレードです。でも、サイズを優先するなら、iPhone 12 miniこそが選択肢です。もしiPhone SEを下取りに出して、3分の1の費用をまかなえれば、5万円台で64Gモデルを購入できます。光学ズーム付きのカメラ、ナイトモード、HDRビデオ録画、AnimojiとMemojiの両方も手に入ります(あとFace IDも)。

最も重要なのは、あなたの第二世代のiPhone SEよりも物理的に小さいスマホが手に入ること。私はそれが大きなセールスポイントだと思っています。iPhone SEを購入している時点で、小さいスマホを欲していることの裏返しでもあります。もちろん、合理的なサイズが欲しい場合、iPhone 12は次の最良の選択肢です。

まとめ:

半年前に買った "安い" iPhoneをアップグレードしたいなら、iPhone 12 miniは最高の選択肢です。iPhone SEを使っている人は、iPhone 12 Proには興味がない人は多いでしょう。最も合理的な選択は、iPhone 12 miniへの機種変更です。

iPhone XS or XS Maxユーザーの場合 Screenshot: David Murphy via Apple

こんにちは、2年前のiPhone。そろそろバッテリーが心配になってきたころではないでしょうか? もしApple Careに加入していないなら、3万円以上を支払うことを覚悟しておく必要があります。

スペック面で言えば、iPhone 12シリーズのほとんどが、iPhone XS or XS Maxよりもアップグレードされています。ただ、画面が小さい、iPhone 12 miniを選ぶことはないでしょう。

だから、元の質問に戻りましょう。"Pro"機能はそれだけの価値がありますか?

わずかなサイズの違い、それとフロントとリアのカメラのアップグレードとバッテリー寿命。この2つのを天秤にかけてみましょう。

つまり、iPhone XSが問題なく動作する場合、私はiPhoneのカメラはおそらく最大であり、アップグレードする唯一の理由であることを主張すると思います。もちろん、5Gもそうかもしれませんが、私は十分にそのことについての私の懸念を述べてきています。

あなたはおそらく、少なくとももう1年は持ちこたえられます。iPhone 12は興味をそそられますが、あなたの写真は大丈夫ですし、4KやHDRでのビデオ録画を必要としない場合、少なくとも1つ以上の年を待ちましょう。

これらの理由から、iPhone XS MaxからiPhone 12には乗り換えしないでしょう。画面サイズだって、0.4インチ小さくなりますしね。もし画面サイズを変えたくないなら、選択肢はiPhone 12 Pro Maxです。でも、iPhone 11 Pro Maxの6.5インチと比べると6.7インチは少し大きくなるだけ。お金もかかります。

まとめ:

iPhone XSとXS Maxユーザーは、少なくとも1年以上待つことができます。問題を抱えてなければ。

そうでなければ、iPhone 12は「Pro」機能を必要としていないと感じているiPhone XSの所有者にとっては、コストと機能のバランスが合わないでしょう。

しかし、iPhone 12 Pro Maxは、より大きなデバイスが好きな人にとっては、アップグレードパスです。

iPhone XRユーザーの場合 Screenshot: David Murphy via Apple

ほとんど全ての人が、アップグレードの対象だと言ってもいいでしょう。 iPhone XRが発売された当時、それはリーズナブルなiPhoneでした。私は、iPhone 12への乗り換えは、Pro機能を求めていない人には完璧な選択肢だと思います。

画面サイズについても、同じサイズのディスプレイを少し小さいデバイスで手に入れることが可能。おそらく必要ないPro機能に大金を費やすことなく、iPhone 12すべての利点を手に入れることができます。

まとめ:

2018年にiPhone XRを買った場合、Appleが提供している絶対的な最新かつ最高のアップデートを追いかけている人ではないような気がします。つまり、あなたはおそらくiPhone 12 ProやiPhone 12 Pro Maxは必要なく、iPhone 12がすべて満たしてくれるでしょう。

iPhone XSのように、もう1年我慢する選択肢もありますが、iPhone XRはiPhone XSにさえ劣っていることを考えると( 特に液晶ディスプレイ)、来年より今年にアップグレードしておいてもいいでしょう。

iPhone 12はおそらく現時点であなたに最も適していると思いますし、私はiPhone XRが古くなりすぎて妥当な価格で売れなくなる前にiPhone XRを手放したいです。

iPhone Xユーザーの場合 Screenshot: David Murphy via Apple

あなたのiPhoneのバッテリーは今頃ひどい状態になっていて、生産性に大きな影響を与えています。あなたのiPhoneは時々不自然に熱くなり、フリーズします。暖かい日にCarPlayを使おうとすると、不安になります。新しいデバイスの手触りを待ち望んでいることでしょう。

まとめ:

私なら、iPhone 12を購入するでしょう。正直に言うと、iPhone 12 Pro Maxかも。3〜5年は使いつづけたいと思っているからです。

買い替えのポイントまとめ

iPhone 12はイケてるiPhoneです。アップグレードを探しているほとんどの人にとって、最高の選択です。iPhone SEのような小さなスマホが欲しいなら、iPhone 12 miniを選びましょう。安価は安いし、画面サイズだって不満はないでしょう。 フラッグシップのiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、熱狂的なデバイスです。購入の理由に、私からの説得は必要ないはず。素晴らしい機能と画面サイズです。 iPhone 12 または iPhone 12 Proで揺れているなら、おそらくiPhone 12がいいでしょう。Proシリーズには、LiDARスキャナーや望遠レンズなどがありますが、それをすべて使うは謎です。現金を節約しそのお金はMagSafeケースのために貯蓄しておきましょう。 もし2019年以降のiPhoneを使っているなら、iPhone 12にアップグレードする必要はありません(大きな画面が欲しい場合は除く)。マニアであれば、何があってもアップグレードするでしょう。問題は合理性(iPhone 12) VS 贅沢(iPhone 12 Pro/Pro Max)のほうです。 2018年版のiPhoneを持っている場合、もう1年待ってもいいでしょう。例外は、液晶画面を搭載したiPhone XRを持っている場合であること。iPhone 12へのアップグレードは理にかなっています。 2018年版より古いiPhoneを持っているなら、アップグレードするタイミングです。もしくは、死にかけのバッテリーを交換して、通常のパフォーマンスに戻してあげましょう。

Image: Apple

Source: Apple

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2020 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.