サイト内
ウェブ

充電ケーブルも装備、ルマンドサイズのスマホ周辺機器内蔵マルチツール【今日のライフハックツール】

  • 2020年7月15日
  • ライフハッカー[日本版]

気軽に持ち歩けるのがいい。

コンパクトで携帯性に優れたマルチツールは、それだけで持っておく価値があるものです。加えて、実用性も高いとなれば、言うことありませんよね。

特に、乱雑になりがちなケーブル類や、どこに行ったか分からなくなることが多い小物類をうまく整理したいと考えている人なら、これらをマルチツール化したいと考えたこともあることでしょう。

『CableKit』は、USB充電ケーブル、SIMイジェクトピン、SIM・MicroSDカード収納ケースを備えたキーホルダー型マルチツール。

手軽に持ち歩ける充電ケーブルが欲しい人から、複数SIMを並行利用している人まで、満足できるアイテムだと思いますよ。

USBメモリーや、お菓子で言うところのルマンド等と同じくらいの大きさで、キーホルダーにぶら下げたり、胸ポケットにはさんだり、バッグに放り込んだりと、携帯性については非の打ち所がないレベル。

ケーブルが短いところがネックになる人もいると思いますけど、そこが問題にならないなら、使い勝手のいい相棒になってくれる可能性大ですね。

Image: Lever Gear

USBケーブルは、充電だけじゃなくデータ転送にも対応できますよ。

ただし、充電速度やデータ転送速度については触れられていないので、詳細については不明です。

急速充電や高速データ転送には対応してなさそうですが、おそらく一般的なレベルに収まっているだろうと思います。

Image: Lever Gear

SIMを複数使っている人にありがたいのが、イジェクトピンとSIMケースがセットになっているところ。

SIMなんてそうそう交換することがないという人でも、SIMの接触不良や本体側の読み取りエラーなどでSIMを抜き差しする機会はあるはず。

むしろそういう人のほうが、イジェクトピンをどこに置いたか忘れてしまってたりするでしょうし、確実に身に着けているというのも悪くないですよね。

Image: Lever Gear

デフォルトの端子は、USB-A + Lightningと、USB-A + Micro USBの2種類がベース。これにそれぞれ変換アダプタがついていて、USB-Cに対応させられるというラインナップ。

本体価格は14.95ドル(約1600円)で、日本への送料は15.99ドル(約1700円)となっています。

コンパクトな携帯バッテリーとも相性が良いと思いますので、ぜひチェックしておきましょう。

あわせて読みたい

英語学習にも使える。日本・海外文学の名作を音声で楽しめる無料ウェブサービス【今日のライフハックツール】 本を読む時間がない方やインプットが視覚に偏りがちな方は、オーディオブックで文学作品に触れてみてはいかがでしょうか。オーディオブックの図書館『Libr... https://www.lifehacker.jp/2020/07/lht_librivox.html 手袋をしたままでも快適操作できる“アウトドア特化型”ワイヤレスイヤフォン【今日のライフハックツール】 アウトドア仕様と銘打たれたイヤフォンにも色々なタイプがあります。しかしなぜか、手袋をつけたまま快適に操作できる物は、そんなに多くないんですよね。冬の... https://www.lifehacker.jp/2020/07/lht_vert.html あったら便利かも…スマホやタブレットを充電しながら映像出力できるアダプター【今日のライフハックツール】 スマホやタブレットを液晶TVや外付けディスプレイにつなぐと、大画面で動画を楽しんだり、デスクトップモードで動かしたりできますね。ところが外部ポートが... https://www.lifehacker.jp/2020/06/lht_usb-c-to-hdmi-adapter-with-charging.html

Image: Lever Gear

Source: Lever Gear, Lever Gear / YouTube

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2020 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.