サイト内
ウェブ

新たな音楽体験へようこそ。バイブスを全身で感じる音響ユニットを使ってみた

  • 2020年6月30日
  • ライフハッカー[日本版]

ステイアットホームに伴って、映画やゲームを楽しむ時間も一気に増えましたよね!

今日はそんな時間をより楽しめるサウンド機器をご紹介。現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中「ゲームバックパック&シートクッション」は、振動によって音の楽しみ方を変えてくれる製品。

サンプルを体験したところ、新感覚でおもしろいアイテムだったので、皆さんにも感想をシェアしたいと思います!

座椅子と思いきやスピーカー

Photo: Junya Masuda

2タイプある製品のうち「シートクッション」は、その名のとおり座椅子タイプの製品。一見しただけではスピーカーと振動ユニットを搭載したオーディオ機器には見えませんね。

Photo: Junya Masuda

本体横にコントロールユニットがあり、有線やBluetoothで音源ソースと接続します。

また給電はACアダプタで行いますが、本体にバッテリーも内蔵するので数時間であればケーブルレスでも楽しめるとのこと。

Photo: Junya Masuda

実際に使ってみたところ、後方からの音と、音源の低音に連動して振動が起こるため臨場感が凄まじくアップ!

感じ方に個人差はありますが、筆者的には映画館のような迫力音響がお手軽に実現できると感じました。EDMなんかを流すと、クラブにいるかのような、ズンズンとした振動を体感できます!

Photo: Junya Masuda

背もたれと座面はファスナー接合で自由度があり、フルフラットでもOK! 寝転びながらお気に入りの動画を見る時に便利ですね。

スマホのスピーカーからの音響だけだとちょっと頼りない場合などこのクッションで格段に臨場感がアップするので、YouTubeでの動画漁りが捗りますよ!

伝われ、このバイブス!

Photo: Junya Masuda

音や振動を記事で伝えるのは難しいので、水を使って実験!

本製品は音量と振動をそれぞれ調整できますが、振動レベルを上げるとペットボトルの水の表面が沸騰したかのように揺れ、激しく振動が伝わっているのが分かります。

ただ、実際に使ってみた立場から言えば、背中に伝わる振動はこの動画から感じるものより、しっかりパンチがありましたよ!

Photo: Junya Masuda

パイピング部分はさりげにLEDでライトアップ。直接サウンド体験には寄与しませんが、ゲーミングPCのような近未来感を演出してくれていましたよ。

振動特化のバックパックモデル

Photo: Junya Masuda

防弾ベストのようなシルエットの「ゲームバックパック」も、パッと見では音響機器だと識別できませんね。こちらはスピーカーも非搭載で、振動ユニットのみを搭載した、1点突破型のアイテムです。

なお、こちらはバックパックという名称ですが、収納機能はありませんのでご注意を。

Photo: Junya Masuda

コントロールユニットは左側ストラップに集約。スピーカー非搭載のため、きちんと音楽や音響を楽しむためにはイヤホンが必要です。

Photo: Junya Masuda

再生時の挙動はシートクッションと同様で、背中からズンズンと迫力のある体験が可能になります。

ただ、スピーカーは非搭載ということでしたが振動ユニット自体から若干は音楽が聴こえましたので、外で使う際は音漏れにご注意ください。

サウンド体験を向上するArespowerの「ゲームバックパック」と「シートクッション」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

執筆時点では「ゲームバックパック」は数量限定で18,800円(送料込)から、「ゲームシートクッション」も数量限定の割引コースが20,800円(送料込)からオーダー可能になっています。

サウンドクオリティではなく、パワーで制圧しにくるタイプの音響は癖になるかもしれませんね(笑)。気になった方はぜひ、下のリンクからチェックしてみてください。

>>「ゲームバックパックとシートクッション」のオーダーはこちら

Photo: Junya Masuda

Source: machi-ya

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2020 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.