サイト内
ウェブ

洗練されたデザインが魅力!ステンレス製ウォーターボトル「Hashy Bottle」を使ってみた

  • 2020年5月16日
  • ライフハッカー[日本版]

リモートワークをしているとあると便利なのが水筒。いちいち外に飲み物を買いに行かなくても済むし、経済的だし、ひとつ持っておくと役立ちます。

現在、machi-yaでクラウドファンディングをしている「Hashy Bottle」は、デザイン性に優れた自宅でも使いたくなる水筒です。

冷たいドリンクは24時間、ホットは12時間保温

Photo: 島津健吾

まず水筒に求めるものといえば、保冷・保温性。Hashy Bottleは、二重構造のステンレススチールなので、長時間温度を保つことに長けています。冷たいドリンクなら24時間保冷、ホットでも12時間保温ができます。

ビンテージ風のおしゃれなボトル

Photo: 島津健吾

Hashy Bottleの特徴は、なんと言っても洗練されたデザインが魅力。角のないなめらかなデザインは見た目のスタイリッシュさと、掴んだ感触の持ちやすさなどが実に考えられているなと感心。飲み口は、エルゴノミクス(人間工学)デザインが施され、人が飲みやすい1.25インチに設計されています。こぼさずに飲めて、氷も入るちょうどいいサイズでした!

ストラップは3種類

Photo: 島津健吾

Hashy Bottleはオプションのストラップもかなりおしゃれ。思わず自慢したくなるデザインです。今は外出制限されているので、状況が改善されてピクニックやアウトドアが解禁されたら、このストラップを使って出かけてみたいと思いました。

Photo: 島津健吾

2つ用意されているストラップのうち、1つはショルダータイプ。レザーではありますが、オイル加工しているため、水は染み込みません。また、使えば使うほど、革の味が出てきて自分だけのレザーに変化していきますよ。

Photo: 島津健吾

2つめは、ボトルラップ。ショルダーストラップがハンドストラップになったものです。カラビナを使ってカバンにくっつければ持ち運びやすそう。アウトドアやピクニックだけではなく、オフィスでも使いやすいですね。

Image: 8Cups

さらにもう1つ、ネックラッソーという、ボトルのキャップにストラップを取り付けられるものもあります。ボトルを覆うカバーがないのでとてもシンプル。ボトルを洗う時はこのタイプだと取り外しの手間が少ない点が実用性を感じました。

色は3種類用意

Image: 8Cups

カラーはスノーホワイト、シックグレー、マットブラックの3つ。今回使ったのは、マットブラックでしたが、大人っぽい落ち着いたデザインがカッコ良かったです。また、ステンレスストローとブラシがセットになったエコなリターンも用意されていますよ。

キャンペーンは残りわずか。Hashy Bottleは、現在machi-yaでクラウドファンディング中。1つ4000円から支援が可能です。

>>スタイリッシュなステンレス製ウォーターボトル「Hashy Bottle」の支援はこちら

Image: 8Cups

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2020 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.