サイト内
ウェブ

付き合いたての彼氏・彼女に、貯金額を教える代償とは?

  • 2019年11月10日
  • ライフハッカー[日本版]

彼女や彼氏ができてハッピーでも、自分のほうが収入が多いようであれば、それを内緒にしておくほうがいいかもしれません。

少なくとも、しばらくの間は。

たしかに、ミレニアル世代の人たちは、自分の経済状況をすぐに話し始める傾向にあります。

最初のデートでお金のことを話しあいたいと思っている人は、全体の実に3分の1に上るのです

でも、お金について話すことがトレンドだからといって、すぐに何もかもを打ち明けなければいけないわけではありません。

相手に貯金額を伝えるデメリット

Nikki Viscigliaさんは「The Financial Diet」の記事のなかで、付き合い始めたばかりのころに経済状況を打ち明けると、文字どおり代償を「払う」ことになると説明しています。

彼は、私に当時いくら貯金があるのかを知っていました。

でも、以前の私が、離婚後の母がわが家の経済状況を良くするために費やした労力を知らなかったのと同じように、彼も、私がそのお金を貯めるのに費やした労力を知りませんでした。

誰が食事代を払うかを決める段階になると、しょっちゅう彼は、私の銀行口座について触れました。「だって、きみはお金持ちじゃないか!」。

最初のうちは、私も「そうね、だって私はお金を使わないから」と答えていました。でも、私の言い分が聞き流されてしまうことがはっきりしてからは、反論することはほとんどなくなりました。

そして結局、毎回のように私が勘定を持つことになりました。その夏、私は銀行にあった1000ドル以上のお金を失う羽目になりました。

記事によると、Viscigliaさんとボーイフレンドは、相手を信頼しながら長く付き合っているカップルのような関係を目指していたそうです。

具体的には、支出を相応に分担したり、相手のニーズを考えたうえでキャリアに関する決断を下したりしていました。

相手が甘えてしまう?

とはいえ、ふたりの関係は、まだ「長い付き合い」とはほど遠いものだったのですが。

いまではもう「元」になってしまいましたが、そのボーイフレンドは、私の支払い能力を知っていたからこそ、自分よりも多くお金を出させるよう、私を意図的に操っていたのかもしれません。

あるいは彼もまた、2人の関係の深さを過大評価し、相手の不足を補いあう夫婦のように付き合うべきだと考えていたのかもしれません。

いずれにしても結局のところ、行きつくところは同じです。私は本来出すべき額よりも多くのお金を出していました。そして、周囲の人たちが口をそろえてはっきり予言していたとおり、私たちは別れました。

交際のごく早い段階から、経済的な面も含めて真剣に向きあいたい。その思いは、私も、とてもよくわかります。というのも、私自身がそうだったからです。

20代のころ、「この人こそ、運命の人かも」と思った相手と付き合い始めて、数カ月が経ったころのことでした。私は、その人にちょっとした借金があることを知りました(正確に言えば、2000ドルほどです)。

私の収入は彼よりも多く、「返済に協力させて」と言いたくてたまらなかったことを覚えています。2人とも若かったし、愛しあっていましたから!

お互いを支えあい、お互いが持っているものを分けあうつもりでいました。でも結局…その年のうちに別れることになりました。

相手のほうが稼いでいるケース

もちろん、逆の立場になったこともあります。

付き合い始めたばかりの相手が、私よりも相手のほうが稼いでいるからという理由で、全部(あるいはほとんど)払うと言ってくれるケースです。

その場合も、少し気まずい感じがしましたし、なんとなくうまく操られていると感じることもありました(「心配しないで、僕が払うから」という言葉は、誘いに対してノーと言ったときの、良い返答とは言えません)。

貯金額を打ち明けるタイミングは?

では、交際を進めていくなかで、お金の話をいつ持ち出せばいいのでしょうか?

場合によっては、自分の給料や預金口座の残高の正確な額を曖昧にしたままこの話題をさりげなく扱うという、難しい芸当をこなさなければならないかもしれません(「そのお金は、私の予算には入ってないから」などの言い方で)。

「誘ったほうが払う」ということにして、自分の支出範囲内でのデートを提案する機会を双方に与える、という手もあります。

ちょっと古くさいアドバイスに従って、「四季の一巡」(つまり「1年」)付き合ってから、実際の貯金額を打ち明けるかどうかも含めて、ふたりの関係に関する重大な決断を下すことにしてもいいでしょう。

でも、あなたがどうするにせよ、付き合い始めたばかりの段階で、経済状況をめぐる秘密を洗いざらい打ち明けるのはやめましょう。

というのも、あなたと相手のどちらにとっても、その「秘密」が、今後数カ月のデートの資金になると考えてしまう可能性があるからです。

あわせて読みたい

夫婦やカップルは家計を一緒にすべき? 分けるべき? ついに理想の相手を見つけたあなた。次は、家計管理をどうすべきか考えなければなりません。Instagramの幸せそうなカップルなら、何もかもすべて2人... https://www.lifehacker.jp/2019/10/201308should-you-merge-your-finances-with-your-partner.html やりくり上手な人に学ぶ、日々の習慣化したい節約術4つ やりくり上手になるには、日々の努力が欠かせない。運動や健康的な食事と同じく、お金の管理に終わりはない。目標体重も目標純資産も達成することはできるが、... https://www.lifehacker.jp/2019/09/199187-4-things-people-who-are-good-with-money-do-every-day_businessinsider.html ケチで迷惑な人とうまく付き合う5つのコツ 倹約家とケチは違います。誰もケチにはなりたくありません。ケチとは、みんなと同じぐらい使えるお金があるのに、ことあるごとに出費を抑え、ときには友人にお... https://www.lifehacker.jp/2019/10/how-to-cope-with-a-cheapskate-friend.html

Image: Shutterstock

Source: The Financial Diet, Bankrate

Nicole Dieker - Lifehacker US[原文

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2019 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.