サイト内
ウェブ

「運動しない言い訳」を乗り越える方法

  • 2019年10月19日
  • ライフハッカー[日本版]

2017年08月01日の記事を再編集のうえ、再掲しています。

運動不足とわかりながらも、ついつい言い訳をして運動を後回しにしてしまう人は多いのでは? 気持ちはよく分かります。

運動以外に時間を費やさないといけないことは山ほどありますから。

しかし、毎日座ったままの状態で多くの時間を過ごしている私たちにとって、言わずもがな、運動がもたらすメリットは山ほどあるのです。

そここの記事では、ニューヨークのインストラクターJoana Meneses氏に聞いた、"運動をしない言い訳”を乗り越える方法を紹介します。

1. 時間がない

体を動かす時間というのは一見無駄のようにも思えますが、なにも運動を生活の中心に据えて考える必要はありません。

わずか7分間でできる負荷が高めの運動もあります。そういった運動を行なう場合は、短時間の中でも強度と休憩のインターバルを、しっかりとメリハリをつけて行ないましょう。

Meneses氏はこうも述べています。

人は時間がないと言いながら、言い訳をする時間はあるのです。運動のために時間をとれないという人は、怪我や病気をしたときのことを考えてみてください。何よりもまずはそちらを優先するでしょう。

2. 子供がいるから…

子供たちも一緒に参加できる運動はたくさんあります。

子供たちも巻き込んで、運動をする習慣を身につけさせてみましょう。アクティブになることはもちろん、親子間の絆が深まる良い機会にもなります。

障害物のコースを一緒に組み立てたり、一緒にランニングをしたり。Meneses氏曰く、複雑なルールの運動である必要はないようです。

毎日続けることが何より重要であり、周りの人間を巻き込むことは、非常に良い作用をもたらすようです。

3. 運動が嫌いだから…

運動を避ける理由は人によってさまざまですが、「運動自体を楽しめない」ということもその理由の1つとして考えられます。

解決策は、とにかく新しい運動方法を多く試すこと。この業界に17年間も携わっているMeneses氏でさえ、数多くの試練と失敗を積み重ねてきているのですから。ただ、どうやっても運動が好きになれない人もいるでしょう。

そのような場合は運動の最中に何か好きなこと、たとえば好きなテレビ番組をみたり、音楽を聴いたりすることで、運動を少しでも楽しめるように工夫してみましょう。

4. 疲れているから…

長い一日を終えて「さあ身体を動かそう」と思いはするものの、疲れてまったく動けない、なんてこともありますよね。

ただ、疲れているときこそテレビを観るより体を動かすことで元気になったりするものです。ポイントは、焦らずに毎日こなせる量からはじめることです。それに関連し、Meneses氏はこのようなアドバイスします。

多くの人は毎日運動する時間をとれるわけではないでしょう。初めから多くのことを詰め込みすぎてしまうと、運動しない日が続いてしまった後に再開することが億劫になってしまいます。

5. ジム会員じゃないから…

もし健康保険をもっていれば、ジムで割引がきくこともあります。また、ジム選びや入会の際にはさまざまなポイントがあるので、事前に調べておけばお得にジム生活をはじめることができます。

でも、運動には必ずジムが必要なわけではありません。ランニングであれば場所は問いませんし、自分の体重の重みを使って運動をすることもできます。

Yoga Glo.のような、自宅で手軽にはじめられるエクササイズを紹介しているサイトを活用してみましょう。

6. ジムでは他人の目を気にして委縮してしまうから…

ジムは交流を生み出す場所でもありますが、やはり他人の目が気になるものです。時間をかけていけばうまく溶け込めるものですが、及び腰になる気持ちもわかります。

まずはさまざまな初心者クラスを見学してみましょう。Meneses氏はこう述べています。

初心者向けのクラスは数多く開講されています。

他人から実力を測られているといったストレスを感じることなく、居心地よく運動を楽しめる場所を探しましょう。

7. 何から始めてよいかわからないから…

the Lifehacker WorkoutSworkitのように初心者向けのエクササイズを紹介しているサイトは多く存在します。

ただ、どの方法を選ぶかはさほど大事ではありません。Meneses氏は次のように述べています。

全員が同じエクササイズを行なわなければいけないわけではありません。

運動については驚くほど多くの情報が溢れているので、自分のやり方が間違っているんじゃないかと不安に思うこともあるでしょう。

でも、何より大切なのは自分に合った方法でとにかく体を動かすこと、それだけなんです。

あわせて読みたい

姿勢をよくするための「背中筋トレ」5選 背中を丸めて、ずっとデスクに向かっていませんか?私たちは日々知らず知らずのうちに、背中を酷使しています。オフィスワークや、重い買い物袋を手に駆け回っ... https://www.lifehacker.jp/2019/10/200035-best-back-exercises-for-a-strong-and-sculpted_mylohas.html 1日1万歩は歩き過ぎ?ハーバード大の研究で明らかになったウォーキングの新常識 皆さん日頃どのくらい運動していますか?朝晩めっきり涼しくなり、ウォーキングやランニングしている人をよく見かけるようになってきました。私は特に日頃から... https://www.lifehacker.jp/2019/10/199514-walking-10000-steps.html ランニングの上達に欠かせない3つのステップ 休息日は重要ですが、ランニングにはどのぐらい重要なのでしょうか? 初心者向けプログラムの多くは、週3日のランニングからスタートします。「次のランニン... https://www.lifehacker.jp/2019/06/is-it-okay-to-run-every-day.html

Image by shutterstock.

Source:This 7-Minute, Research-Based Workout Exercises Your Whole Body,How to Include Your Kids in Your Workout Routine,How to Overcome Your Best Excuses for Not Exercising

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2019 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.