サイト内
ウェブ

デスクワークをしながら姿勢改善! 1日15分で骨盤を安定させるサポーター「BetterBack Therapy」があと3日!

  • 2019年8月12日
  • ライフハッカー[日本版]

日本の国民病とも言われる肩こりや腰痛の原因には、デスクワークや座りがちのライフスタイルがあるとされています。

長時間のデスクワークなどで背骨がカーブして姿勢が悪くなると、骨盤が不安定になり体の不調はもちろん、集中力が続かなかったり倦怠感を引き起こしたり、メンタル面にも影響を及ぼすのです。

現在、machi-yaでクラウドファンディング中の「BetterBack Therapy」は、正しい姿勢を維持するためのポイントである骨盤を安定させるサポートベルト。1日15分の着用で体の一部に過度な負担がかかることを防ぎます。

キャンペーン終了まで残り3日となったので、再度チェックしましょう!

1日15分で心も体も健康に

Image: machi-ya

「BetterBack Therapy」は姿勢維持のための筋肉形成をサポートし、1日最低15分の着用で立っている時や座っている時の姿勢を改善します。

姿勢が良くなることで、ストレス軽減やポジティブ思考などにも繋がり、心も体も元気になるのです。

どこでも使えるコンパクトさ

Image: machi-ya

専用のケースに収納して簡単に持ち運びができる「BetterBack Therapy」。バッグに入れておけば、デスクワークや飛行機など、長時間座っていなければならない時にすぐに取り出せます。

Image: machi-ya

「BetterBack Therapy」本体は、ウエストサイズ38インチ(約96センチ)まで対応するサイズです。

大きめのサイズが欲しい人のために、55インチ(約140センチ)まで対応する「BetterBack Thetapy Plus」も用意しています。

簡単な着用方法

Image: machi-ya

まずは両足を床につけて、バックパッドを腰に巻き付け、膝パッドを膝に引っ掛けます。

Image: machi-ya

胸を前に傾け、レッグストラップを引っ張って、背骨を締めて垂直にしていきます。

Image: machi-ya

足を安定させたい場合は、センターストラップに左ストラップをスライドさせます。最適な付け心地になるように、体の方向へセンタークリップを引きつけてください。

Image: machi-ya

「BetterBack Thetapy」に正しい位置はありません。最適のフィットを探してみてください。最適な位置を見つけるまでは、バックパッドを背中の少し高めの位置にすることをオススメします。

温度調節ができる「Therapy Pack」が付属

Image: machi-ya

付属する「Therapy Pack」を温めて使うと、筋肉への栄養供給を活発にして、治癒力を高めたり、筋肉の凝りやひきつりをほぐすこともできます。冷やして使うと、激しい痛みや炎症の緩和を促します。

さらに「Therapy Pack」は、人体や環境への負荷が懸念されているPVC(ポリ塩化ビニル)を使用しておらず、安全に作られています。

耐久性に優れた素材

Image: machi-ya

「BetterBack Thetapy」は、長期間継続して使用できるように、耐久力の高い、最高品質の素材を採用。

時間もお金も掛かる医師の診療やマッサージ、カイロプラクティック治療などに通わなくても、「BetterBack Thetapy」があればお得に効果を実感できます。

「BetterBack Therapy」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、限定500個が30%OFFの8,750円からオーダー可能です(送料込)。

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「BetterBack Therapy」のオーダーはこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2019 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.