サイト内
ウェブ

水を介してうつる、恐ろしい感染症を防ぐには?

  • 2019年8月13日
  • ライフハッカー[日本版]

夏が来るたびに、遊泳中に病原菌に感染したという恐ろしいニュースを耳にします。

場合によっては死に至ることもあるこれらの感染症、防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

脳を食べるアメーバ

鼻から侵入して脳に至り、組織を破壊してしまうアメーバがいます。 フォーラーネグレリアと呼ばれるこのアメーバは、温かい淡水に暮らし、細菌を食べて生きています。

触れても飲み込んでも無害ですが、フォーラーネグレリアの生息する水が誤って鼻に入ると、感染する可能性があります。

恐ろしいことに、症状が現れるころにはすでに手遅れになっている場合がほとんどです。いくつかの処置は存在しますが、これといって有効な治療法は発見されていません。詳細については、CDCのサイトをご覧ください。

とはいえ、心配しすぎる必要はありません。1962年から2018年の間に報告された症例は145件のみと、極めて珍しい感染症ですから。

それでも注意したいなら、温かい淡水での遊泳を避けるか、最低でも鼻から水を吸い込まないように鼻栓をするなどの対策をしましょう。

ビブリオ感染

ビブリオ属の細菌の多くが海に生息しており、病気のもととなりえます。食中毒(カキなどの貝類を生食したとき)が一般的ですが、生傷のある状態で泳ぐと皮膚に感染することがあります。

症状は軽症から重症までさまざまですが、死に至るケースや、切断を必要とするケースもあります。

ビブリオは一般的に温かい海水(汽水も含む)に生息し、5月から10月が危険なシーズンとして知られています。

また、最近では気候変動の影響により海水温が上昇しているため、ビブリオ感染は増加傾向にあります

感染を防ぐために、CDCは傷口があるときの海水(汽水)浴を控えること、あるいは防水絆創膏を使用することを勧めています。

あわせて読みたい

自分の身を守りながら、溺れてパニックになった人を助ける方法 溺れている人に体をつかまれたらどうしますか?ウォーターセーフティーの教育者 Natalie Livingston氏はFacebookの投稿で、このシ... https://www.lifehacker.jp/2019/08/teach-your-kid-what-to-do-if-someone-grabs-them-while.html プールや海で置く場所に困る貴重品を、ワイヤーロックと鍵で守る小型ケース【今日のライフハックツール】 海水浴や屋外スポーツを楽しむとき、置き場所に困るのが貴重品です。ジムや体育館等、コインロッカーが用意されている施設でも、ロッカーの数が足りずに使えな... https://www.lifehacker.jp/2019/07/lht_master-lock.html

Image: Unsplash

Source: CDC(1, 2), The New York Times, Forbes

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2019 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.