サイト内
ウェブ

運動部の人たち必見。新型iPhoneはカメラで映すだけでスコアリングや動体認識してくれる

  • 2018年9月13日
  • ライフハッカー[日本版]

ARぱないよーすごいよー。

9月13日(木)のApple Special Eventにて発表された新しいiPhoneたち「iPhone XS(テンエス)」と「iPhone XS Max(テンエス マックス)」。

搭載されたA12チップとニューラルエンジンも超パワフルで、機械学習にも対応し、Core MLも9倍の速度に。もちろん、ARKit 2も強化されています。

その強化されたAR機能を使ったデモとして、NEX TEAMによるARアプリ「HOMECOURT」がお披露目されまして。これはiPhoneのカメラでバスケットコートを撮影するだけで、色んなものを認識してくれるというもの。バスケットコートが身近にないぜというのは置いといて、こんなことができるみたい。

iPhoneのカメラでコートを映すと、1on1対戦時にどちらがシュートを入れたかをカウントします。まぁこの機能は、すごいけどすごいですね、ってレベル。真にすごいのは次です。

Image: Apple

これ、シュートを打ってる人の動きをモーションキャプチャーみたいにセンシングしてるんです。

本来はモーションマーカーを装着しないと難しい処理をリアルタイムでやってて、しかもシュートの軌跡や距離、時間、角度まで表示してくれる。リアルタイムにですよ、すごくないですか!?

Image: Apple Image: Apple

シュートを打つ位置や、位置ごとのシュート率もこの通り。一緒に登壇したNBAの元MVP選手Steve Nashさんも「こんなアプリが子どもの頃あったらな」とコメントするほど。

プロのスポーツ選手みたいなフォーム分析がスマートフォン1コでできてしまうとは、いやはやデバイスの進化、おそろしや。

同じようなことがサッカーの蹴り方や、野球のバッティングフォームでも出来たなら、運動部の人たちはiPhone XSやiPhone XS MAXを選ぶ理由ができますね。できてしまいますね…!

寝てた人もこれだけみれば大丈夫。iPhone XS / XS Max / XR、Apple Watch Series 4の発表イベントまとめ おはようございます! もしくはこんにちは!アップルが新型iPhoneを含む製品を発表するイベントを開催しました。そこで、起きていられなかった人もこれ... https://www.lifehacker.jp/2018/09/iphone-xs_xs-max_xr_apple-watch-4_event_matome.html

ギズモードジャパンより転載(2018.09.13公開記事)

Image: Apple

Source: Apple

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2018 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.