サイト内
ウェブ

スナップに最高なiPhone XSのカメラ、ディティールも色味も豊か

  • 2018年9月13日
  • ライフハッカー[日本版]

スナップシューターとして最高のカメラとなりそう....。

iPhone XS(テンエス)のカメラ、大幅にアップデートしました。

アウトカメラはデュアルセンサーでどちらも1200万画素。レンズは広角側がf1.8、望遠側がf2.4の2枚です。髪の毛部分のドアップを見ると、細かい部分まで解像してますよみなさま。

かといってシャープネスが強すぎるという感じはしません。もともとiPhoneは盛り感少なめ、素のままの写真が撮れるスマホでしたが、その流れを受け継いでいるみたい。

Bokeh(ボケ)にもこだわり、あり。

背景をデジタル処理でボケさせるポートレートモードは、撮影後にf1.4からf16まで被写界深度が変えられますよ。

作例を見るかぎり、iPhone Xよりも輪郭部のボケがより自然になっている様子。

ニューラルエンジンとA12 Bionicのおかげで、認識の精度を高めることができたみたい。ローライトにも強そうですよ!

ノイズ抑制しまくっていますが、塗り絵感は薄い。

コレ、1インチ級のコンデジの写真より綺麗...? いやいやいや。まさかまさか。と思いつつもドキドキが止まりません。夜景、撮りにいきたい!

HDRもスマート。複数枚の撮影画像の中から、適切な数枚の画像を瞬時にピックアップして重ねてくれるみたい。撮影画像を全部重ねてしまうとCPU・メモリ周りに負担をかけてしまうから、効率重視のチューニングなんでしょうね。

GIZMODOより転載(2018.09.13公開記事)

あわせて読みたい

寝てた人もこれだけみれば大丈夫。iPhone XS / XS Max / XR、Apple Watch Series 4の発表イベントまとめ おはようございます! もしくはこんにちは!アップルが新型iPhoneを含む製品を発表するイベントを開催しました。そこで、起きていられなかった人もこれ... https://www.lifehacker.jp/2018/09/iphone-xs_xs-max_xr_apple-watch-4_event_matome.html

Image: Apple

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2018 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.