サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

カメラが取り出しやすく多用途に対応できるバックパック型カメラバッグ【今日のライフハックツール】

  • 2018年1月4日
  • ライフハッカー[日本版]

手軽に撮影を楽しみたい層にとっては、もうスマートフォンさえあれば充分という時代になりました。SNSへの投稿が簡単にできるのも、スマホの大きなメリットです。でも、写真の仕上がりにこだわりたくなってくると、スマホカメラではどうしても限界が目についてしまいます。

かといって、プロと違ってハイアマチュアでは、機材を購入する予算がどうしても限られてしまうもの。あれも欲しい、これも欲しいとやりくりするなかで、カメラバッグに回せる予算はそれほど多くないかもしれません。

Video: Manfrotto/Vimeo

カメラ三脚や雲台などで有名なマンフロットからリリースされている『MA アクティブバックパック2 CA』は、プロユースにも対応できるカメラバッグ。それだけでなく、バックパックとしてカメラを運ばないときの普段使いにも便利です。

Image: Manfrotto

カメラ収納用のコンパートメントは、保護ケースを取り外せば大きめの小物なども入れられる作り。ここに着替えを詰め込めば、ジムバッグなどにも流用できます。

もちろん、ノートPCも専用スリーブで安全に持ち運べますし、筆記用具やスマートフォンを機能的に収納できる各種ポケットが用意されています。ちょっとした旅行にも使えるでしょう。

肝心のカメラバッグとしては、ホルスター型のバッグと比べれば手軽さがやや劣るのですが、カメラ用コンパートメントが大きく開く作りなので、バックパック型のなかでは、カメラの取り出しやすさが光っています。

メーカー希望小売価格が1万8360円と決して安くはありませんが、用途の広さを考えれば、ハイアマチュア要チェックのバッグとなっています。

そろそろスマホカメラから次のステップへ踏み出したいという人やホルスター型のバッグしか持っていないという人、カメラバッグと普段づかいのバックを効率よく使いまわしたい人まで、チェックしておくべきバッグだと思います。

Image: Manfrotto, Vimeo

Source: Manfrotto

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2018 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.