サイト内
ウェブ

5分で完成! 時間がないときに活躍するなすの副菜5選

  • 2020年6月29日
  • レタスクラブニュース


おかずの品数が少ない食卓はさびしいもの。ですがなにかと忙しい日は、副菜を作る余裕がないこともありますよね。そこで今回は、時間がないときに活躍してくれるなすの副菜5選をピックアップ。どのレシピもたった5分で作れるので、この機会に作り方を覚えてみてはいかがでしょう?



なすの炒めごまあえ

【材料・2人分】

ちくわ 1本、なす 1個、あえごろも(白すりごま 大さじ1、酒、しょうゆ 各小さじ1、砂糖 小さじ1/4)、ごま油

【作り方】

1. なすは皮むき器で皮をしま目にむき、ちくわとともに、縦半分、横5mm厚さに切る。

2. フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、なすを入れて強火で炒める。しんなりしたらちくわを加えて炒め、油がまわったら火を止めて、あえごろもを加えてさっと混ぜる。

(109Kcal、塩分0.8g)

ほんのりと温かいなすのごまあえ。具材をカットしたら、なすをごま油でこうばしく炒めていきましょう。途中でちくわを加え、油がまわったところであえごろもをさっと混ぜると味がよくなじみます。





なすのナムル

なすは皮むき器で皮をむいて、つるっとした食感に。輪切りにしたら鍋に入れ、竹串が通るやわらかさになるまで熱湯でゆでましょう。



炒めなすのからしあえ

なすはあらかじめ水につけ、アクを抜いておきます。フライパンで加熱したら、たれを加えて炒め合わせてください。



なすのチーズ炒め

なすに焼き色がついたら全体に粉チーズをふり、ふたをして蒸し焼きにします。チーズがなすとからみ、しっとりとした食感を楽しめます。



なすのみそ炒め

汁けがほとんどなくなるまでなすを炒めるのが、おいしく作るコツ。最後にお好みで七味とうがらしをふると、また違った味わいに。



なすは低温に弱いので、2~3日の間は常温で保存しましょう。長い期間使わない場合は、水分が蒸発しないようにポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存してくださいね。(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved