サイト内
ウェブ

レンジでチンして乗せるだけ! アツアツ温やっこ5選

  • 2020年2月21日
  • レタスクラブニュース


面倒な下処理がいらず、切ったらすぐに食べられる豆腐は忙しい時に活躍する食材。寒い時期はちょっぴり手を加えて、アツアツの温やっこにしていただきましょう。今回は“レンチン”で作れる温やっこを5つピックアップ。副菜としても家飲みのおつまみとしても使えるので、ぜひマスターしてくださいね。



たぬき温やっこ

【材料・1人分】

絹ごし豆腐 1/2丁、大根おろし 1/4カップ、揚げ玉 大さじ1、万能ねぎの斜め切り 2本分、めんつゆ(ストレート) 大さじ1

【作り方】

1. 絹ごし豆腐は半分に切って耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約1分20秒加熱する。中まで温まったら汁けをきり、器に盛る。

2. 大根おろしの汁けをきって、揚げ玉、万能ねぎの1cm幅の斜め切り2本分とともにのせ、めんつゆをかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分61Kcal、塩分0.3g)

サクサク食感でコクのある揚げ玉と、あっさりした大根おろしのコンビがたまりません。大根おろしはそのまま使うとめんつゆの味が薄まってしまうので、軽く汁けをきってからのせるのがポイント。



なめたけ温やっこ

市販のなめたけにねぎとごま油をプラス。手で大きくくずした豆腐にのせれば、豊かな風味を味わえます。



基本の温やっこ

万能ねぎとしょうがじょうゆでシンプルに仕上げましょう。豆腐そのもののうまみを感じられる1品。



マヨキムチ温やっこ

白菜キムチの辛みと、マヨネーズのほのかな酸味が絶妙にマッチします。豆腐が温かいうちに、よくからめて召し上がれ。



中華風温やっこ

中華だれは味がなじむように、あらかじめ混ぜておいてください。淡泊な豆腐が濃密な中華味に大変身。



豆腐はカロリーが控えめなのもありがたいところ。温やっこは、正月太りで悩んでいる人にもぴったりなメニューですよ。(レタスクラブニュース)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved