サイト内
ウェブ

フライパンで簡単加熱!お手軽すぎる「焼きとんカツ」5選

  • 2020年1月23日
  • レタスクラブニュース


ガッツリ系おかずの定番であるとんカツですが、「油で揚げるのは…」と二の足を踏む人も多いはず。後今回は、フライパンを使った“焼くだけ”で完成するとんカツを5品ご紹介。油の量も少なく後片付けもラクで、覚えておくと便利なレシピです。



揚げないとんカツ

【材料・2人分】

豚ロースとんカツ用肉 2枚(約200g)、水溶き小麦粉(小麦粉、水 各大さじ1と1/2)、パン粉、塩、こしょう、サラダ油、中濃ソース、練りがらし

【作り方】

1. フライパンにパン粉20gを入れ、中火にかける。木べらで混ぜながら3分~3分30秒いり、きつね色になったらバットに取り出す。パン粉は油なしでいる。あとで蒸した肉にまぶしてからもう一度焼くので、「こんがり」の一歩手前でOK。

2. 豚肉は縁の脂身を赤身に沿って半分ほど切り落とし、赤身との境目に5~6カ所に切り込みを入れて筋を切る。塩小さじ1/4、こしょう少々をふる。脂身は厚みの半分を切り落とす。こうするだけで、食べごたえは変わらないまま、なんと111kcalもダウン!

3. 1のフライパンをきれいにし、油をひかずに豚肉、水大さじ1を入れてふたをし、中火にかける。約3分30秒蒸し焼きにし、バットに取り出して、約5分おいて粗熱をとる。豚肉は油なし、少量の水で蒸し焼きに。こうすることで、豚肉がふっくらやわらかくなる。

4. ペーパータオルで水けを拭き、水溶き小麦粉の材料を混ぜてスプーンで全体にぬる。1のパン粉を全体にまぶし、側面までしっかりと手で押さえる。

5. 3のフライパンをきれいにし、油小さじ1を弱めの中火で熱する。4を、フライパンに油をぬり広げるようにして並べ入れる。約3分焼き、上下を返してさらに約2分焼く。ころもをつけた豚肉を、小さじ1の油で焼く。パン粉がカリッとし、揚げたような仕上がりに。

6. 食べやすく切って器に盛り、中濃ソース大さじ1をかけ、練りがらし少々を添える。好みでキャベツのせん切り、トマトのくし形切りを添えても。

(1人分305Kcal、塩分1.6g)

下準備する際に豚肉の脂身を切り落とせば、食べごたえは変わらないままカロリーを抑えることができます。できあがったとんカツは揚げて作ったものに引けをとらないサクサク感です。

はさみとんカツ

広げた豚肉にゆずこしょうを塗って作ります。パン粉は目の細かいものを使うと、揚げ焼きの時に吸油を最小限にできますよ。



ごまとんカツ

ころもにたっぷりつけたごまが香ばしさを演出。豚肉にごまをまぶす際は、手でしっかり押さえて定着させるのがポイントです。



キムチチーズとんカツ

薄切り肉を重ねて作ったとんカツはボリューム満点。爽やかなしその香りが食欲を刺激してくれます。



豚ヒレのチーズカツ

ラップではさんだ豚肉をたたいてやわらかく仕上げるのがポイントです。チーズ風味のカツは白飯と相性抜群。



お手軽調理ながら、お腹もしっかり満たしてくれる焼きとんカツ。揚げるのが面倒だなと感じていた人はぜひ挑戦してみてくださいね。(レタスクラブニュース)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved