サイト内
ウェブ

晩ごはんにもお弁当にも! ご飯が進む「バリエ肉巻き」5選

  • 2020年1月18日
  • レタスクラブニュース


いつもの肉と野菜でも、巻いてあるだけでなぜか食欲をそそられるもの。今回はそんな「肉巻き」レシピをご紹介。晩ごはんのメインおかずにはもちろん、お弁当にもぴったりなので、ぜひレパートリーを増やしてみてはいかが?



2色野菜の肉巻きソテー

【材料・2人分】

みそ豚シート(豚ひき肉 400g、下味[みそ 大さじ2と1/2、みりん 大さじ1])半量、にんじん 1/2本(約70g)、グリーンアスパラガス 4本(約80g)、サラダ油

【下ごしらえ】

1. ボウルにひき肉、下味の材料を入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。、

2. 大きめの保存用密閉袋に1を入れて平らにして口を閉じる。菜箸で6等分の筋を入れ、冷凍する。

※冷凍で約1カ月間保存可能。

3. みそ豚シートは袋から出し、室温に10~15分置いて半解凍する。

【作り方】

1. にんじんは6cm長さ、1cm四方の棒状に切る。アスパラガスは根元のかたい部分を2~3cm切り落とし、下部を皮むき器で薄くむき、長さを3等分に切る。

2. 耐熱皿に1を並べ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約1分30秒加熱し、粗熱をとる。

3. 半解凍したみそ豚シートを6等分し、約6cm四方に伸ばす。1枚ににんじん、アスパラガスを2切れずつのせて包む。残りも同様にする。みそ豚シートは半解凍のままだと包みやすい。巻き終わりは肉どうしがくっつくようにして留める。

4. フライパンに油小さじ1/2を熱し、3を並べて焼く。転がしながら全体に焼き色がつくまで約5分焼く。器に盛り、好みでクレソンを添えても。

※電子レンジは500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分283Kcal、塩分1.5g)

みそ豚シートを使ってグリーンアスパラガスとにんじんを巻いた1品です。上手に作るコツは、みそ豚シートが半解凍の状態で野菜を巻くこと。コリコリの歯ごたえとジューシーな肉のうまみを同時に味わえますよ。

肉巻き野菜の香味だれ漬け

さやいんげんやかぼちゃなど、様々な野菜を堪能できます。肉巻きが熱いうちにたれをからめるとGOOD。



いろいろ野菜のベーコン巻き

ハニーマスタードをかけていただく絶品のベーコン巻きです。全体に色がつくまでしっかり焼きましょう。



三色野菜肉巻き

長ねぎ、にら、にんじんをいっぺんに巻くことで彩りよく仕上がります。肉の幅が広い方に野菜をのせ、クルクルと巻いてください。



野菜の牛肉巻きカレーじょうゆ味

肉巻きをカレーやしょうゆなどで味つけしたメニューです。カレー粉のこうばしい香りが食欲をそそるかも。



肉と野菜のうまみをダブルで味わえるため、ご飯がどんどん進みます。食卓に並べるだけでなく、お弁当のメインおかずとして作ってもOK。(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved