サイト内
ウェブ

食材は1つでOK! 5分で作れるれんこんのお手軽副菜5選

  • 2019年11月9日
  • レタスクラブニュース


ビタミンCが豊富に含まれているれんこんは、“冬のビタミン源”として親しまれています。さまざまな食材との組み合わせを楽しめますが、れんこんだけで作れる副菜にチャレンジしてみませんか? たったの5分で完成するレシピなので、忙しい家事の合間にパパッと調理できるはず。

れんこんの黒酢きんぴら

【材料・2人分】

れんこん 1節(約150g)、赤とうがらしの小口切り 1/2本分、合わせ調味料(しょうゆ、酒、みりん 各大さじ1、砂糖 大さじ1/3)、黒酢 小さじ1、ごま油

【作り方】

1. れんこんは3mm厚さのいちょう切りにする。水にさっと放し、ざるに上げて水けをきる。

2. フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、赤とうがらしとれんこんを入れて炒める。れんこんが透き通ってきたら合わせ調味料を入れ、汁けがなくなるまで炒める。仕上げに黒酢を加えてさっと炒める。

(1人分103Kcal、塩分1.4g、調理時間5分)

3mmの厚さにカットしたれんこんを黒酢で味つけしたヘルシーな1品。黒酢の独特な酸みが飛ばないように、仕上げにさっと加えるのがポイントです。甘辛い味つけなのでご飯が進みますよ。

れんこんのカレーマヨあえ

カレーマヨのスパイシーな風味がたまりません。粗びき黒こしょうの香りがアクセントになります。



れんこんの青のり天

ころもをつけて揚げ焼きにすると、少ない油でも調理可能。天つゆにつけて食べるのもおすすめです。



れんこん梅ステーキ

オリーブ油でこんがり焼いて鮮やかな色合いに。梅肉はれんこんに馴染ませるため、包丁でしっかりたたきましょう。



れんこんのゆかりあえ

めん棒で一口大になるまでれんこんを砕きます。酸みをきかせたゆかりをたっぷりあえてめしあがれ!



れんこんは泥の中で育てるため、表面が汚れていても品質に問題はありません。皮をしっかり剥いて調理すれば、絶品のれんこん料理ができあがります。(レタスクラブニュース)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved