サイト内
ウェブ

見映えも味も大満足! お手軽おやつ「りんごのスイーツ」

  • 2019年10月22日
  • レタスクラブニュース


フルーツの定番でスッキリとした甘みが楽しめる“りんご”。ジュースやデザートなど様々ないただき方がありますが、今回はおもてなしにぴったりなりんごのスイーツを家で作ってみませんか? 見映えと味が両立したメニューを食卓に並べたら、きっと喜ばれるはず。

タタン風アップルパイ

【材料・作りやすい分量・口径6.5cmのプリン型4個分】

りんご 1個、冷凍パイシート(20cm四方) 1枚、バター 30g、カラメルソース(グラニュー糖 50g、水 大さじ1)、グラニュー糖 大さじ2、レモン汁 小さじ2

【作り方】

1. カラメルソースを作る。小鍋にグラニュー糖と水を入れて火にかける。まわりが茶色く色づいてきたら揺すり、全体が茶色くなったら熱いうちに型に流し入れる。粗熱がとれて固まったら、型にバターを等分して入れる。カラメルソースは色づいたらすぐに型に流し込むので、型はバットの上などに準備しておくこと。

2. りんごは六つ割りにして横半分に切り、耐熱ボウルに入れる。グラニュー糖、水1/4カップ、レモン汁を混ぜ、ラップをかけて電子レンジで約8分加熱する。ざるにあけて粗熱をとる。りんごは電子レンジで加熱し、半透明になってとろりとしたらOK。汁けをきって使う。

3. オーブンを200℃に予熱する。

4. 1のプリン型に、2を詰める。

5. パイシートは室温に約3分おき、直径7cmの円形4枚を抜く。フォークでところどころ刺し、4にかぶせる。型の口径よりもやや大きめにカットしたパイシートは軽くのせればOK。多少吹きこぼれるが、しだいにおさまる。

6. オーブンで15~20分焼く。粗熱がとれたら冷蔵庫で1時間以上冷やし、縁にナイフなどを入れて型から取り出す。器に盛り、好みで生クリームを泡立てて添えても。

お料理メモ

冷蔵庫で一晩おくと、キャラメルがさらにしみておいしい。

※電子レンジは500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1個分306Kcal)

まるでお店で提供されるアップルパイのような見た目。電子レンジで加熱したりんごに、こうばしいカラメルソースをからめます。パリッとした生地とやわらかなりんごの食感がたまりません。

シナモン風味の焼きりんご

バター、砂糖をたっぷりつめて焼き上げたデザートです。りんごに穴を開ける際は、半分の深さを目安にくり抜きましょう。



紅玉のカスタードタルト

サクサクのタルトを噛んだあとに、口の中でカスタードクリームがトロ~リ。りんごの赤色が映える鮮やかなタルトです。



できあがったスイーツを食べる瞬間が最高なのは言わずもがな。作る過程が楽しいのもお菓子作りの魅力です。ぜひみんなで作ってみてくださいね。(レタスクラブニュース)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved