サイト内
ウェブ

ほっとする優しい味わい♪ 肉のうまみがたっぷり染みたにゅうめん

  • 2019年6月13日
  • レタスクラブニュース


いつもと違ったそうめんを食べたいときは、あたたかな「にゅうめん」がおすすめ。今回は、肉を使ったにゅうめんのレシピ5選を紹介します。

とり南蛮もやしにゅうめん

【材料・2人分】

もやし 1袋、とりもも肉 1/2枚(100~150g)、長ねぎ 1/3本、そうめん 2束(約100g)、合わせ調味料(酒 大さじ1、砂糖 大さじ1、しょうゆ 小さじ1)、つゆ(だし汁 2カップ、しょうゆ 小さじ1/2、みりん 小さじ1/2、塩 小さじ1/4)

【作り方】

1. 具材のねぎは斜め1cm幅、とり肉は小さめの一口大に切って、ともに小鍋に入れる。合わせ調味料を加えて火にかけ、ふたをして約4分、時々混ぜながら煮る。

2. 別の鍋に湯を沸かし、そうめん、もやしを一緒に約1分ゆでる。ざるにあけ、流水で洗って水けをきる。

3. 鍋をきれいにし、つゆを入れて火にかけ、フツフツしたら2を加え、ひと煮立ちさせる。器につゆごと盛り、1をのせる。好みで、ねぎの青い部分の小口切りをのせても。

(1人分312kcal、塩分2.1g)

甘辛味のとり肉と長ねぎの甘みが相性抜群。長ねぎやとり肉、調味料を鍋に入れて、ときどき混ぜながら煮ていきます。そうめんともやしを一緒にゆでることで調理時間を短縮。できあがったそうめんと具材を器に盛りつければ完成です。

とりとしょうがのフォー風にゅうめん

しょうがの皮はとり肉をゆでるときに入れることで、臭い消しとしての効果を発揮。ゆで汁をスープに活用するため、しょうがの風味がきいた仕上がりになります。とり肉としょうがのやさしい味のスープは、食欲がないときでもあっさり食べられるかも。



甘辛そぼろのにゅうめん

そぼろのやわらかい食感と、野菜のシャキシャキ感が楽しい1品です。万能ねぎと水菜はちょうどいい長さにカットし、ひげ根を取ったもやしと一緒に混ぜ合わせてください。そぼろに入ったしょうがのみじん切りがアクセントに。



白菜のアジアンにゅうめん

白菜と肉だんごがたっぷり入った具だくさんのにゅうめん。スープを作るときは、沸騰した水にひき肉だねを一口大にまとめて落とし入れましょう。ひき肉のうまみが染み出たおいしいスープになりますよ。



チキンのレモンにゅうめん

にゅうめんに入った桜えびと野菜の彩りが印象的。とり肉のゆで汁を使って、そうめんをゆでるのがポイントです。レモン汁をスープに加えれば、さっぱりとした味のエスニック風にゅうめんのできあがり。



ほっとする味わいのにゅうめんに、ぜひ挑戦してみては?(レタスクラブニュース)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved