サイト内
ウェブ

のっけるだけだから手間いらず♪ とり肉がメインのお弁当3選

  • 2019年4月21日
  • レタスクラブニュース


お弁当のおかずを毎日何種類も用意するのは大変ですよね? そんな時は、ご飯にのせるだけの“のっけ弁当”に頼ってみましょう。

とりキムチのっけ弁当

【材料・1人分】

とりむね肉 1/3枚(約80g)、卵液(溶き卵 1個分、砂糖 小さじ2)、白菜キムチ 50g、にんにくのみじん切り 1/2片分、刻みのり 適宜、ご飯 茶碗1杯分、サラダ油、ごま油、しょうゆ

【下ごしらえ】

1. とり肉は一口大のそぎ切りにする。

2. キムチは大きければ食べやすい大きさに切る。

【作り方】

1. フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、卵液を流し入れ、菜箸で手早くかき混ぜて半熟状に固まったら火を止め、取り出す。

2. フライパンをペーパータオルでさっと拭き、ごま油大さじ1を熱し、にんにくを入れて炒める。香りが立ったら、とり肉を加えて炒める。

3. うすく焼き色がついたらキムチを加え、手早く炒め合わせる。火を止めてしょうゆ小さじ1を加え、全体に混ぜ合わせる。

4. 弁当箱にご飯を詰め、刻みのりを敷き広げる。弁当箱の半分に2を、残りの半分に3をのせる。好みでさらに刻みのりをのせても。

(1人分728Kcal、塩分2.3g)

とりむね肉とキムチを炒めた韓国風のお弁当。卵は半熟状になったら火を止めて、なめらかな口当たりのいり卵に仕上げます。ごま油で炒めているため、お弁当を開けた時のこうばしい香りで食欲も湧いてくるはず。

とり照り弁当

れんこんとにんじん、とり肉を和風だれで1晩つけて下ごしらえ。前日に漬けこんでおけば、翌朝はたったの5分で完成する時短メニューです。とり肉の皮を下にしてこんがりした焼き色がついたら、水を加えて蒸し焼きにしてください。



チキンライス弁当

蒸しどりの加熱は約1分間電子レンジでチンするだけ。ボウルに温まった蒸し汁とご飯を混ぜこんでしっかり味つけします。アスパラはかたい部分をむき、食べやすい3~4cmにカット。お弁当の彩りも楽しめる1品です。



“のっけ弁当”はおかずをドンッとトッピングするだけなので、盛りつけの際もラクチン。とり肉を使えば節約したいときにも役立ちますよ。(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved