サイト内
ウェブ

バレンタインギフトに滑りこみ⁉ チョコフレーバーの人気フード&ドリンク

  • 2019年2月12日
  • レタスクラブニュース


もうすぐバレンタイン! 最愛の人へ、気の置けない仲間へ、自分へのごほうびに。上質なボンボンショコラやバラエティーに富んだ板チョコ、ビターチョコ風味のビールなど、バレンタインシーズンに誰かに贈りたい、おいしいものを集めました。

CQLの「生チョコサンド」

1972年にチョコレート専門店として始まり、店内で丁寧に作る上質な素材にこだわったケーキや焼き菓子などが並ぶ杉並の洋菓子店。カカオ55%のチョコレートを使ったリッチな味わいのクリームをふんわりチョコスポンジでサンドした、つまめるスイーツです。

ASAKO IWAYANAGI PLUSの「ボンボンショコラ」



旬の果物を使った美しいパフェが人気のパティスリーに、新店が登場。オリジナルクーベルチュールを使用するショコラを展開し、「ゆこうシトロン」「柿」「栗はちみつ」「洋梨」といったフレーバーのボンボンショコラが楽しめます。

サンクトガーレンの「チョコビール」



バレンタインシーズン限定発売のチョコビールは、高温でばい煎した麦芽を使い、ビターチョコのような風味を引き出しています。写真右は濃厚なインペリアルチョコレートスタウト、左は生バナナを加えたバナナチョコレートスタウト。

Minimalの「Minimal Flight」



世界各地の農園から仕入れたカカオ豆を自社工房で板チョコレートに仕上げるビーン・トゥ・バーチョコレート専門店。カカオと砂糖だけで作る6種類のチョコのセットは、カカオ本来の味わいの違いを食べ比べできます。

MICHALAK OMOTESANDOの「クーニー」



パリの人気パティシエ、クリストフ・ミシャラク氏のパティスリーが日本初上陸。サクサク食感のクッキーにしっとりしたブラウニーを合わせたスイーツ「クーニー」は、ゆずやカプチーノなど6つの味が揃います。



どれも大人だからこそ楽しめるチョコフレーバーばかり。まずは自分でテイスティング、気に入ったものをギフトにしてみるのもありかも!?



撮影=安井真喜子 スタイリング=中村弘子 編集協力=入谷奈穂(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved