サイト内
ウェブ

麺好き一家に朗報!フライパン1つでらくちん、大人も子供も大満足パスタ

  • 2018年11月9日
  • レタスクラブニュース
子どもって、麺類大好きですよね。

うちの子たちもそうで、よく晩御飯にリクエストされます。



ラーメンや素麺、焼きそばなんかなら、簡単だからいいよ〜と受けるのですが。

厄介なのが、うちの子



お湯を沸かして、塩入れてパスタ茹でて。

具材を切って、フライパンで炒めて、味付けして、茹で上がったパスタも入れて、また味付けして、1人前ずつよそって。

それでいて、晩御飯これだけってわけにはいかず、スープやサラダも必要な感じ。

めんどくさすぎます。

「レトルトのミートソースじゃダメ?」と聞いてしまいます。



そんなダラ母の私の目に飛び込んで来たのが、レタスクラブ11月増刊号の特集「フライパンで1品ご飯」。フライパンに材料を入れて、火にかけるだけで、主食とおかずを兼ねた1品ができるという、魔法のようなレシピがいくつも載っていたのですが、その中に「スープナポリタン」という文字が!

そんなのやってみるに決まってます!!



【材料】(3〜4人分)

とりもも肉(から揚げ用)…250g、粉チーズ…適量、玉ねぎ…1個、ピーマン…2個、キャベツ…3枚、ペンネ(10分ゆでタイプ)…150g

煮汁(カットトマト缶…1缶(約400g)、洋風スープの素(顆粒)…大さじ1、水3カップ)

塩、粗びき黒こしょう



そんなに変わったものもなく、準備も簡単、すぐに作れそう!

ピーマンは小さかったので3つにしました。キャベツは切ってあるやつだったので目分量です。



【作り方】

1:フライパンに、煮汁(混ぜる)、ペンネを入れる

2:具をのせて塩をふる



とり肉はから揚げ用の切ってあるやつだから楽〜!

キャベツとピーマンは「ちぎる」。私が雑なんじゃないですよ、レシピに書いてあるんです〜!助かる〜!

玉ねぎはくし切り。包丁使うのこれだけ!



3:ふたをして弱火で約20分煮る

仕上げに粉チーズ、好みで粗びき黒こしょうを振る。



と、レシピはこれだけ!本当にいいんでしょうか。ドキドキしながら点火、タイマーセット!



20分、結構長いので、簡単な副菜も作れました。

さつまいもをさっと煮たのと、大根とキュウリのサラダです。



そうこうしていると子どもたちが寄ってきて、「いいにおい!」とワクワクし始めました。

20分経過、フタを開けると…



完成!野菜もしんなりして食べやすそうです。

テーブルに出すと子どもたちからも「わあ〜!」という歓声。

それぞれお皿にとって、たっぷり粉チーズに私は粗びき黒こしょうをかけて、いただきます!



具材の旨みが溶け込んだトマトスープがペンネに染み染み!もっちり美味しい〜!

肉も野菜もたっぷり取れて満足感も高いです。



お代わりして、子どもはとろけるチーズをトッピング、私はハーブソルトをかけて、これまた美味い!

ペンネ150gで足りるかな?と思いましたが、パパの分も残して、お腹いっぱいになりました。



パパの分は、フライパンにそのまま、あっためて食べてもらえるよう残していたのですが。

子どもたちが寝てから帰ってきたパパ、残ったペンネを確認して、ペロッと味見して「よし!」おもむろに点火、そこに、チューブのニンニク、輪切り唐辛子、ハーブソルトに黒胡椒を加えて、ペンネアラビアータにしやがったのです!!



お腹いっぱいだったはずの私、「ひ、ひとくち食べさせて〜!」

口に入れると、禁断の味!ビールが飲みたくなってしまい、そこから夫と晩酌。



子どもも大人も大満足な1品になってくれました。



作=うだひろえ(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved