サイト内
ウェブ

実年齢は正直に答える? 会社で「いくつ?」と聞かれた時の対応

  • 2018年11月8日
  • レタスクラブニュース


芸能界でも“年齢詐称”が問題になるように、一般人でも自分の歳を公開したくない人は多いかも。そこで今回は会社や取引先から、「いくつなの?」と聞かれた時の受け答えについてピックアップ。年齢についての価値観で、議論が勃発しているようです。

年齢を聞かれたらどう答える?

今回話題になっているのは、「年齢を聞かれた時の答え方」。年齢を聞かれることがとても嫌だという女性は、どうしたら答えずに話を流せるのかネット上へ問いかけました。

受け流す派からは、「10万と290歳とかって言って、適当にごまかす」「“永遠の17歳~! 乙女に年齢聞くのはマナー違反ですからね!”って流して軽く注意する」「真面目に“女性に年齢を聞くもんじゃないですよ”って諭しちゃいます」「えー、人に年齢を聞く時は自分から言うもんですよ! って流す」「肌年齢は○○歳で、精神年齢は○○歳かな~って違う年齢を言う」などのおちゃらけた対応が続出。

しかし一方で“年齢を聞かれることに嫌悪感を抱かない”という人も一定数はいるよう。「歳をとる=悪いことだと思ってないから、素直に答える」「年相応の年齢の重ね方をしている人が一番かっこいいし、答えるのは全然苦じゃない」という声も上がっていました。

年齢を“サバ読み”したエピソード



年齢を聞かれると受け流す人もいますが、中には咄嗟に“サバ読み”してしまう人も…。ある掲示板では、「子どもへの年齢サバ読み」が話題になっていました。

サバ読みは高齢出産をした人や、“どれくらい若く見られるんだろう”という興味本位で“子どもに”行うケースが多発しているよう。サバ読みエピソードとして、「子どもに20歳だよって言ってたら、学校でばらされて大恥をかいた」「幼稚園の先生よりも若い年齢を教えていて、幼稚園の先生から注意を受けたことがある」「息子にとって若いお母さんでいたかったから5歳サバ読みしてたけど、打ち明けるタイミングを失ってしまった…」などといった投稿も相次いでいます。

中には、「サバ読み歴が長すぎて自分がいま何歳なのか分からない」「気分によって年齢を伝えているから場所によって年齢が違う」「誕生日にサバ読みした年齢プラス1歳で祝われた時は、さすがに罪悪感がありました」といった声も。

女性はいつまでたっても若々しく見られたいもの。サバ読みだけなく、見た目や品位にも気をつけるとより魅力的な女性に近づきそうですね。(レタスクラブニュース)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved